キリンリキのしっぽのアレが考える

キリンリキのしっぽのアレが考える

ようこそ! キリンリキのしっぽには小さな脳がありますが、そんな不思議なしっぽが一生懸命に何かを考えている…そのような眼差しで見て頂ければ幸いです

蟲師(2005) 

f:id:kiitosgirafarig:20170630143636j:plain

©漆原友紀/講談社・「蟲師」制作委員会 マーベラスエンターテイメント

※主人公のギンコと蟲師において重要となる光脈筋

 

【著者】   漆原友紀

【原作】   蟲師 全10巻

【連載雑誌】 月刊アフタヌーン ※現在連載終了

【制作】   アートランド

【監督】   長濵博史

【関連ワード】

 これは…、蟲の仕業ですな

 

 

漆原友紀先生の同名漫画をアニメ化

特徴として原作通りにアニメ化し、アニメオリジナル回などは皆無です。

 

制作フタッフたちに愛されている作品でもあり、監督・声優インタビューや

関連スタッフたちの熱意が伝わってきます。

 

1話完結オムニバス構成でBGMも1話ごとに変化します。

1話ごとの完成度が非常に高いことも特徴。

 

 

蟲師の世界観は鎖国前の日本がイメージされており、登場人物はみんな着物姿。その中で主人公であるギンコは、白髪に緑の目、シャツにズボン姿と蟲師の世界では浮いている存在です。

f:id:kiitosgirafarig:20170630144816j:plain

※主人公の蟲師ギンコ このミスマッチが素晴らしい!

 

蟲師に登場する「蟲」は、私たちが見慣れた動植物、昆虫や爬虫類などと一線を画す生命で、生命そのものに近い存在。

ですから、見える者と見えない者とに分かれます。

 

中には動物や人間に寄生し、生命の生活に支障を来たす蟲も存在する

幽霊の仕業のような現象でも調べてみれば蟲が原因だったなど、蟲師の世界ではそういった問題を解決するためのプロフェッショナルとして蟲師の職業がある訳です。

 

 

蟲たちについて少し紹介すると

f:id:kiitosgirafarig:20170630145359j:plain

※「雨がくる虹がたつ」より

自然現象そのものに近しい蟲で通称ナガレモノとも言う。

ナガレモノの多くは触れた人間に取り憑き、常識を超越した影響を及ぼします。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170630145755j:plain

※「枕小路」より 夢野間の群れ

寄生した宿主の夢の中に住み、夢を現実にしてしまう蟲。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170630150147j:plain

※「眼福眼禍」より 幻の蟲「眼福」 

人間の眼球に寄生し、人間が想像する範囲を超えたものや、生命の未来までが見えるようになる。

 

紹介した蟲たちはほんの一部。他にも様々な特性を持つ蟲が登場。

未だに解明されていない禁種の蟲も存在し、身体に禁種の蟲を封じて世代を超えて対処している蟲師も存在します。

 

良くも悪くも影響を与える蟲たちは、時として生命を脅かす存在となります。

ギンコでも対処できない蟲もいて、残酷な結末を迎える物語もある。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170630154316j:plain

蟲師の大きな魅力は、目に見えない存在に対するギンコの考え・接し方ではないでしょうか。

 

蟲の影響によって窮地に立つ人間に対して

「誰のせいでもない」

「不幸な巡り合わせが起きただけだ」

と、ギンコは生命と蟲が均衡を保ちながら共存することを願い、誰よりも蟲が好き。

新種の蟲と聞くと「採取させてくれ!」と目に見えてテンションが上がります

 

f:id:kiitosgirafarig:20170630171525j:plain

 

ギンコの言葉の一つひとつがシンプルでありながら、影響を及ぼされた登場人物たちの「救い」になっているとも思えるのです。

 

旅を通じて登場人物たちとの出会いや別れ、神秘とも感じられる蟲たちの存在により、どこか物語全体で切ない雰囲気も感じますね、

 

 

 

世界中には素晴らしいアニメがたくさんありますし、

私は現存する全てのアニメ作品を観たわけではありませんが

 

誰かに「好きなアニメは?」と質問されたら

真っ先に 蟲師 が頭に浮かびます 

 

現在まで何度も視聴している作品で、辛い時や疲れてしまった時に観ると落ち着きますね

これも蟲の仕業なのかもしれませんね