キリンリキのしっぽのアレが考える

キリンリキのしっぽのアレが考える

ようこそ! キリンリキのしっぽには小さな脳がありますが、そんな不思議なしっぽが一生懸命に何かを考えている…そのような眼差しで見て頂ければ幸いです

エンドレスエイトをすべて放送するNHKの姿勢に賛成?

現在NHKBSプレミアムで毎週金曜日に放送されている「涼宮ハルヒの憂鬱

アニメファンや評論家の方から賛否が起こったエンドレスエイトが放送中ですね。

 

エンドレスエイトとは、「涼宮ハルヒの暴走」で描かれた同じ夏休みを何度も繰り返すループもので、涼宮ハルヒの憂鬱第2期で放送されました。

8話を使い微妙に作画や会話を変化させつつも、全く同じ物語を8週間放送し続ける実験的な手法を用いたのがエンドレスエイトです。

 

同じ内容を8話も繰り返すので、視聴者はキョンたちが体験する既視感と同じ体験をさせ、何万と繰り返えした記憶を唯一持つ長門に感情移入させるための手法ではないでしょうか。

 

しかし、あまりにも実験的すぎて多くの視聴者の怒りを買ってしまいました。私もその一人で、京都アニメーションが尖っていた時期だったのかな?と自分に言い聞かせましたね。そして現在、NHKエンドレスエイトをすべて再放送しています。NHKのホームページの放送予定には「エンドレスエイトⅣ」「エンドレスエイトⅤ」「エンドレスエイトⅥ」…

 

正直な話2回観ればお腹がいっぱいな気持ちがあり、出来ればカットして欲しいですがNHKの姿勢には賛成したいですね。

 

なぜかというと、地上派系テレビ局で放送される様々な番組は、CM契約の関係からか、無慈悲なカットがされてしまうからですね。

例えば映画の「天使にラブソングを2」のED曲「Ain't no mountain high enough 」がいつもカットされてしまったり、その他の映画放送でも賛否が分かれるオリジナルEDを流したりします。

 

よくNHKで古い映画やアニメが放送される場合に

※この作品には、時代にそぐわないセリフや差別的な内容が含まれますが、作品のオリジナリティを尊重してそのまま放送します。

このように前置きがありますよね。

 

今回のエンドレスエイトも恐らく放送を決めた方は、否定されることを覚悟の上で放送していると思うのです。それでも放送する理由として、やはり作品のオリジナリティをNHKが尊重しているからでしょう。

 

この姿勢は素晴らしいことだと思います。しかし本音としては辛いですよねorz