キリンリキのしっぽのアレが考える

キリンリキのしっぽのアレが考える

ようこそ! キリンリキのしっぽには小さな脳がありますが、そんな不思議なしっぽが一生懸命に何かを考えている…そのような眼差しで見て頂ければ幸いです

ゲーム機のローンチと末期

これまで様々なゲーム機が発売されてきましたが、ゲーム機と同時発売されるソフトと、次の最新機に移行される次期の末期ソフトでは違いがあると思うのです。

 

まずローンチタイトルは責任重大で、ゲーム機の売上に直接影響を及ぼします。ですからフレッシュで、そのゲーム機種を代表する作品が多い印象を受けますね。

例えばセガサターンは「バーチャファイター任天堂64だったら「スーパーマリオ64ワンダースワンだったら「グンペイ」 など、機種の方向性を確定づけるソフトがローンチで発売されています。

 

グンペイ 再販版 WS 【ワンダースワン】

また、ローンチソフトの特徴として仕入れが多いことの影響から、プレミアが付くソフトが少ないことです。

レトロゲームに分類される機種のソフトでは、現在でも安価で購入できる場合が多く、時代が進んで、レトロゲーム機でプレイした方にとってのローンチタイトルとなっています。

 

 

一方、売上が伸びずに業界から撤退する直前や、最新ゲーム機に移行する時期に発売される末期ソフトには、技術の集大成をつぎ込んで最後の力を振り絞った結果、大作が生まれやすいと思います。

 

例を挙げるとPCエンジンの「リンダキューブ」、ドリームキャストSTG斑鳩」など

斑鳩 IKARUGA (Dreamcast)

末期ソフトの欠点として、名作でも知名度が低いこと

末期ですから生産数も抑えられているので、現在ではプレミア付いているソフトが多いことです。例えそれがツマラナイと感じるゲームでもです。

あと、無理やりスケジュールに合わせたり、解散することでやる気の失った環境で作ったなど、製作者のことを心配してしまう迷作も生まれやすい…

 

セガサターンPSPの末期に発売されたソフトには、ギャルゲーと乙女ゲーが多いことも興味深いですね。

必ずしも全てのゲーム機でそうではありませんが、末期は色々とカオスなソフトラインナップなので面白い

 

ゲーム機種で一番最後に発売されるソフトも貴重ですね。なかなか入手できませんし

 

ローンチタイトルと末期タイトルを見れば、ゲーム機の歴史や流れが分かりるでしょう。

どんなゲームでも流行りがあって廃れることもあります。最後に発売されたソフトを見度に、一つのゲームの歴史が終わるようで切なくなります。

 

特にゲーム業界から撤退した機種には強く思いますね