キリンリキのしっぽのアレが考える

好きな作品を人に勧めるにも勇気が要ります

「何かオススメのアニメはないですか?」と聞かれると返答に悩みます。「好きな作品は?」だったら良いのですが

 

自分の好きな作品を答える勇気が持てないし、答えたとしても質問者が「?」になってしまう恐れがあるのです。

 

ブログやインターネット上なら胸を張って答えることができますが、リアルで答えたとしても「合わない作品だったらどうしよう…」と考えてしまう。だから社会人になってからは、趣味趣向に対する質問の返答に困りました。

アニメを普段見ない方に対して、好き勝手オススメを紹介しても質問者は堪りませんよね。社交辞令で会話をする場合もありますし。

 

知名度やファンの絶対数が多い作品を紹介するにも、好きでない作品はオススメしたくないので嘘は付けないし。かと言って好きな作品を紹介するにも勇気が要る

 

だから面白いアニメや映画を探している方に言いたいのは、そのような作品を自分の力で探してほしいということです。

 

雑誌やインターネットで調べたり…、作品をレビューしているブログを徘徊するだけで「気になる!」と思える作品に出会えるはず

 

偶然知った名作や「面白そうだな!」と感じた作品の方が印象に残りますし、他人に聞くよりも、自分で探した方が実は効率が良いと思います。動画サイトには映画の予告が散らばっていますしね。

漫画の場合、片っ端から漫画雑誌を購入して面白い作品を探すことも一つの手です。露出の高い週刊誌以外にも、知られていない名作は山ほど存在しますから、労力を使っても試す価値はあるでしょう

 

此方から無理やり「映像ソフトを貸しますよ!」と言っても相手が困ってしまう…。そのような微妙な空気は辛いです。何事も善意での強制は辞めた方が良いと思いました。

 

オススメを聞くことは大事ですが、自分で探すことも考えてほしいし、無理に勧めることも悪いですorz