キリンリキのしっぽのアレが考える

meet-me

大正野球娘。 (2009) 



大正野球娘。ってどんなアニメ?】

 

舞台となるのは1925年(大正14年)

東邦星華高等女学院に通う「小笠原晶子」は、朝香中学野球部で許嫁の岩崎に「女性に学歴は必要ない」「結婚して家庭に入るべき」と言われたことにショックを受け、野球で見返すことを誓います。

同級で洋食屋の娘「鈴川小梅」を野球の仲間に誘い、何とか野球が出来る9人が集まるのですが、キャッチボールさえまともに出来ない彼女たち。

西欧文化を積極的に取り入れる観点で「櫻花會-おうかかい」と名付けた彼女たちチームは、年上の男子たち朝香中学に勝つことができるのか!


 

【キャラクター紹介と感想】


鈴川小梅

f:id:kiitosgirafarig:20180304005807j:plain

©TBS・東邦星華桜花会

捕手 右投右打 14歳 成績-中の下 (CV.伊藤かな恵)

ちから★★★★★ はしり★★★★☆ きようさ★★★★★

 

 

麻布十番商店街に立地する洋食屋「すず川」の娘。この作品の主人公となります。

赤く染まったほっぺが特徴の明るく元気な女の子。聞き役になることが多い性格で、店の手伝いにも一生懸命。すず川で働いている三郎とは良い関係。が、ふとしたことから朝香中学のお調子者、高原に振り回されることになります。

小笠原晶子とは同級生で、最初に野球に誘われたのも小梅です。小梅は櫻花會のチーム内でかなり人気があり、投手の晶子はもちろん、4番バッターである月映巴にも好意を寄せられています。

f:id:kiitosgirafarig:20170822194044j:plain

洋食屋で培った人を観察する目は確かで、観察眼を活かして投手の晶子を巧みにリードしていく。

野球において一番大変なポジションと言われる捕手を嫌々ながらもこなしますが、次第にキャッチングが様になっていく姿と、晶子との信頼関係は見事ですね。

小柄な身体ながらも、櫻花會の大黒柱として活躍します。

 

 

小笠原晶子

f:id:kiitosgirafarig:20170822195252j:plain

※晶子と岩崎

投手 右投右打 14歳 成績-上の中 (CV.中原麻衣)

ちから★★☆☆☆ はしり★★★☆☆ きようさ★★★★☆

 

 

許嫁の言葉にショックを受けたことで、小梅たちが野球をするようになる発端。勝気なお嬢様で、プライドが高く負けず嫌い。ただ、負けず嫌いが野球においてはプラスに働いている模様。

温室育ちのように見えて活動的。言い出したことは何が何でも実行する、己の信念を曲げない頑固さを持つ

 

f:id:kiitosgirafarig:20170823014154j:plain

彼女は運動が得意なわけではありませんが、必死に食らいつく根性を持ち、野球の練習も精力的に行います。

主に打たせて取る投球スタイルで、晶子の投げるボールは打者の手元で落ちるためバットの芯で捉えることは難しいのです。偶然習得したナックルは「魔球」と呼び、制球が付かないため、捕手の小梅が捕球できないことから封印していました。

横手投げの投球ホームは綺麗で気品を感じますね。投球モーションのモデルは元ヤクルトの高津投手らしいですが、本当に投げ方がそっくりです。

 

ナックルボールって何?

 

 

MLB公式チャンネルから抜粋 ナックルボーラー スティーブン・ライト投手の投球

 ボールの回転を限りなく無くすことで不規則に変化する

投げた本人でさえ何処に行くのか分からない現代野球の「魔球」で、投球の組み立てが全てナックルボールの投手を「ナックルボーラー」と言います。

プロでも捕球が難しいのでナックルボーラー専属のキャッチャーがいるなど、小梅が捕球できないのも仕方がないことなのです。

習得することも難しく、メジャーリーグでも数人しかナックルボーラーが存在しません

 

 

宗谷雪

f:id:kiitosgirafarig:20170822201419j:plain

二塁手 右投右打 14歳 成績-上の中 (CV.能登麻美子)

ちから★★☆☆☆ はしり★★★☆☆ きようさ★★★★☆

 

 

「おじゃんでございます」 

小梅たちと同じクラスで級長を務め、誰に対しても気配りを忘れない優しい性格です。

呉服屋の娘で、野球をするための道具やユニホームは、彼女の尽力があったからこそ揃いました。

クラスの一匹狼で、後に守備の要である二遊間を担当する「石垣環」とは幼馴染で友達。過去に環と男子に混ざって野球をした経験があり、野球の知識は櫻花會随一です

 

f:id:kiitosgirafarig:20170822202700j:plain

 雪はおっとりした性格ですが、好奇心が旺盛でお転婆に見えることがあります。野球に対しての情熱は人一倍強く、朝香中学との試合でも、並々ならぬ気持ちで試合に臨んでいたことが分かりました。

環と息ピッタリに二遊間を守る姿からも、2人は仲が良いことが伺えますし、守備の中心人物として欠かせないキャラクターです。

 

 

石垣環 

f:id:kiitosgirafarig:20170822203340j:plain

遊撃手 右投右打 14歳 成績-上の下 (CV.広橋涼)

ちから★★★★☆ はしり★★★☆☆ きようさ★★★★★

たまちゃん

 

小梅や晶子のクラスメイト。人見知りな性格でいつも一人で過ごしています。幼馴染の雪にしか心を許していませんでしたが、野球を通して雪以外にも心を開くようになりました。

小説家の父と新聞記者の母を持ち、本人は作家になることを目指しているようです。小梅たちからは「たまちゃん」と呼ばれていますが、すぐに赤面してしまう所が可愛らしいです。

f:id:kiitosgirafarig:20170822204136j:plain

守備の要である二遊間を雪と守り、野球経験者だけあって華麗なグラブさばきを見せます。

良い場面でヒットを打ったりと、非力の多い打撃陣においてたぐいまれな活躍でチームを鼓舞していきます。

男勝りな口調で面倒見も良く、ここぞ!という場面で頼りになる存在です。 

 

 

月映巴

f:id:kiitosgirafarig:20170822223409j:plain

三塁手 右投左打 14歳 成績-下の中 (CV.甲斐田裕子)

ちから★★★★★ はしり★★★★☆ きようさ★★★★★

 双子である月映姉妹の姉

美形で運動神経が抜群なことから、下級生に絶大な人気があります。特に剣術に優れており、投げた蜜柑を居合で真っ二つにして見せました。

妹の静とは対照的に大らかで寛容的。だが勉強ができず、計画性の無い大雑把な性格をしています。主人公の小梅に好意を抱いており、晶子と張り合うことがあります

f:id:kiitosgirafarig:20170822224252j:plain

身体能力の高さからバッターの中心的役割を担います

ホームランを打てるパワーを持ちながら、ホームランを捨てていつでもヒットを打てる優れた野球センスを持ち合わせる。しかし、本人はホームランを狙っているので三振が非常に多いのです。チームの勝敗を考えずにホームランを狙うので、たまちゃんによく怒られていました。

バカと天才は紙一重と言いますが、まさしくそんなキャラクターです

 

 

 

月映静

f:id:kiitosgirafarig:20170822225357j:plain

一塁手 右投右打 14歳 成績-上の下 (CV.喜多村英梨

月映姉妹の妹。

性格は姉の巴と似ておらず、世話焼きで巴の身の回りのことはほとんど静がしています。文学少女で新聞部に所属。

最初は巴が野球に興味を抱くことが許せず大反対していました。しかし、いざ巴が櫻花會に入る際には、姉の後を追うように自らも櫻花會に入部するほど姉を大切に思っています。意外と運動能力が高いことも特徴です。

f:id:kiitosgirafarig:20170822231259j:plain

野球において、守備力が軽視される傾向にある 一塁手を守ります。

アニメで朝香中学との試合で見せた一塁守備が華麗で惚れてしまいました。

野球では、守備の下手な方が一塁を守ると聞いたことがあります。ですが、アニメを観る限りとても簡単なポジションには見えませんでした。

送球が逸れればリカバリーするキャッチングが問われますし、静のように身体全体を使ったキャッチングは、チームを助けることになるはずですよね。見事!

 

 

 

川島乃枝

f:id:kiitosgirafarig:20170822233534j:plain

右翼手 右投右打 成績-上の上 (CV.植田佳奈)

ちから★☆☆☆☆ はしり★☆☆☆☆ きようさ★★☆☆☆

  

東邦星華高等女学院においてトップの成績を収める才女。父親は工学博士で自身も物事に対して研究熱心です。幽霊などのオカルトは信じていませんが、本人は怖がりな一面もあります。

科学者としての気質があり、野球に対しても小梅たちに様々なことを助言し、どうすれば体格や体力で上回る朝香中学に勝てるのか、データを積み重ねていきます。

f:id:kiitosgirafarig:20170822234452j:plain

櫻花會の頭脳として、需要な役割りを務める川島乃枝

ぼやきで有名なノムさんこと野村克也氏の「ID野球」の精神を感じますね。

どうすれば格上の相手に勝てるのか、現状の戦力でデータを取り、それを分析・作戦を練って実行する力を彼女は持ちます。野球能力はチームで最も低いですが、頭脳がそれをカバーするほど有益なデータを導きだすのです。

 

 

 

桜見鏡子

f:id:kiitosgirafarig:20170823000140j:plain

左翼手 右投右打 13歳 成績-中の中(CV.牧野由依

小梅たちの後輩で巴に憧れを抱いています。化粧が得意

野球をするキッカケも、人数が足りないと巴に誘わたからで、野球をするのも巴と一緒にいられるからという欲望のためでした。

巴のことになると張り切ってテンションが変になります

f:id:kiitosgirafarig:20170823014344j:plain

 

鏡子は野球よりも巴が中心でしたが、合宿がキッカケで努力をする大切さを知ります。

守る外野は鏡子の後ろには誰もいません。ボールを追いかけるもフライを取ることができず、野球以外でもチームメイトに迷惑をかけてしまいます。

自分の不甲斐なさに悩みますが、小梅と晶子が必死に練習をする姿を見て、真剣に練習に取り組むようになるのでした。

彼女の努力は大正野球娘。を象徴するシーンだと思うのです。鏡子は巴のように運動神経が良いわけではありません。上手くなるためには、小梅と晶子のように必死に喰らいつくしかない。フライを取るためには練習しかないないのです

野球を通じて一人の人間の成長を感じたキャラクターでした

 

 

 

菊坂胡蝶

f:id:kiitosgirafarig:20170823002608j:plain

中堅手 右投左打 13歳 成績-上の下 (CV.後藤沙緒里)

ちから★★☆☆☆ はしり★★★★★ きようさ★★★★☆ 

読みは(きくさか・こちょう)

 

引っ込み思案な性格で、自分に自信がありません。寮に入っており、鏡子とは同室の仲です。

胡蝶は陸上に所属していますが、記録に伸び悩む日々が続きます。そんな時、他の生徒よりもスタートダッシュが速いことを乃枝に見抜かれ、9人目のメンバーとして櫻花會に勧誘されます。

最初は自信の無さから断りますが、陸上トラックよりも距離が短い塁間で勝負できること、櫻花會が胡蝶の走力を必要としていることから野球をすることになるのでした。

f:id:kiitosgirafarig:20170823003902j:plain

男子にも負けない胡蝶の走力は、相手にとって非常に厄介なものとなります。

バントでも当たり損ねの打球でも、転がせばヒットに出来る確率は格段に上がりますから、画像のように走り打ちなどで出塁していくのです。

胡蝶の走力は朝香中学と張り合うので、盗塁阻止などの練習にも役立つので、胡蝶が加入したことは櫻花會とって大きなことでした。

 

 

 

尾張記子

f:id:kiitosgirafarig:20170823005136j:plain

スコアラー

最初彼女は櫻花會のメンバーでしたが、新聞部との掛け持ちが厳しいとメンバーのサポートに周ります。

彼女は乃枝からの指令で対戦相手の情報を探ります。文系の血が騒いだのか、新聞記事風の物語口調で試合経過を書きます。しかしこれでは使い物にならないと乃枝に注意さ

れ、試行錯誤を繰り返して試合経過を書いくが上手く行きません。

そんな時に、対戦相手の朝香中が「スコア」を記録している姿を目撃するのです。

f:id:kiitosgirafarig:20170823014427j:plain

現在ではスコアラーの存在は珍しくありませんが、アニメでスコアラーを描いた作品は少ないのではないでしょうか。

記子のモデルとなった人物は、プロ野球でスコアラーの第一号とよばれる尾張久次さんのようですね。気合などの精神的な要素以外で数字を分析することで、データを蓄積させるシステムも大正野球娘。では描かれています。

 

 

 

アンナ・カートランドf:id:kiitosgirafarig:20170823014530j:plain

櫻花會の監督

アメリカ人の英語教師。小梅たちの野球にも最初から好意的だったキャラクター。

パワフルな性格ですが、小梅たちの自主性を尊重し多くは口に出さない。練習ではノックを打ち分けるなど運動神経が良いです。

櫻花會の野球はアメリカ流のパワフルなさと、乃枝による緻密なデータ野球が混ざりまっているのではと思います。

 

【打順】

1.中  菊坂

2.二  宗谷

3.遊  石垣

4.三  月映

5.一  月映

6.捕  鈴川

7.投  小笠原

8.左  桜見

9.右  川島


 

大正野球娘。ここに惚れた】

 

まずキャラクターたちが和服とセーラー服に分かれているのがポイント高いです。

↑此方に書かれている通り、そもそもセーラー服は1920年ごろに登場し普及したらしく、セーラ服を着る女学生はお金持ちの証拠?だそうで

 

確かにセーラー服を着用する小笠原晶子と老舗呉服屋の娘である宗谷雪。どちらも金銭的に恵まれているご家庭だと思います。

 

気になったのが双子の月映姉妹は姉の巴がセーラー服で妹の静が和服です。

静のプロフィールには和服派と書かれています。これは想像ですが、金銭的問題から姉にセーラー服を着てほしくて静が和服を好んでいるように見せている?

あと最終話の最後で和服だった小梅がセーラ服を着ていたのは、必死に野球に取り組んできた姿を父親が評価して、ご褒美として買ってもらったのかも…そんな想像をしてニヤニヤします


 

彼女たちの努力を見よ!

 

最初はキャッチボールすら出来なかった彼女たちですが、次第に上手くなっていく姿が気持ち良いのです。

また、自分たちに出来ることをしようとする点が素晴らしいと思います。

例えば、胡蝶の走力を活かすために一塁に近い左打席に立たせたり、晶子の制球力を磨くために、竹とゴムで制作した9分割ゾーンへ投げ込む練習、プレイ時間の短縮を頭に入れながら練習するなど、誰でも行えるであろう練習方法ばかりです。

練習相手は野球をする場所を探していた小学生ですしね

 

奇抜な練習方法ではなく、そのようにあくまで基本的な練習を繰り返すことで基礎が固まっていく様子に唸ってしまいました。

f:id:kiitosgirafarig:20170823014258j:plain

 

↑投手である晶子の上達具合が分かる動画。徐々にダイナミックなフォームとボールのキレを感じることができます。

また、投球によって晶子が疲れてきた時や誰かが窮地に立っている時に、積極的に声を掛ける彼女たちに涙腺が緩んだ

 

男尊女卑の意識が残る時代を舞台にしていますが、基本的に男性も良い人たちばかりなので安心して視聴可能です。小梅たちが野球を始める元凶である岩崎も、晶子たちが必死に努力してきたことを理解し全力で試合に臨みます。

f:id:kiitosgirafarig:20170823022421j:plain

※練習によって小梅の手にはマメが…f:id:kiitosgirafarig:20170823024648j:plain

※彼らも試合を通して小梅たちの努力を感じとるのです。

 

またジェンダーというデリケートな事柄をテーマにしながらも、野球をする小梅たちを理解する人たちが多かったのが救いでした。

史実、大正時代に女子野球が存在していますし、西欧化によって様々な新しい考えや文化が浸透していた時期も関係があると思いますが、それ以上に登場人物たちの心根の大きさと立ち振る舞いに感動しましたね


 

【小梅と三郎の関係性】

 

小梅の実家で働く三郎ですが小梅との関係性について、個人的にアニメ史に残る名シーンがあるのです。

坂道に差し掛かり小梅が歩きやすいよう三郎が手を繋ごうとしますが、小梅は恥ずかしくて赤面してしまいます。そんな小梅を気遣ってハンカチを使って関節的に手を繋ぐシーン

f:id:kiitosgirafarig:20170823024142j:plain

これには本当に感動してしまった…

手が触れただけで赤面してまう姿や、思い人に合うだけで緊張するなど。アニメや映画でもそうですが、そのような気恥ずかしさは、もう観ることや感じることが難しいと思うのです。

思いを伝えるにも手紙や直接会って言わなければならない時代。 恐らくランデブーするだけで大変だったでしょう。 

このシーンはハンカチによって表面的なことだけでなく、内面・精神面での繋がりを描いている気がします。


 

【大正から激動の時代へ】

 

これから小梅たちは激動の時代を生きることになるという妄想をします。年齢から言えば第二次世界大戦も経験することになるので、本当に大変な思いをするかもしれません。

そう思うと、大正野球娘。に登場したキャラクターが愛おしく思えて切なくなります。雪の「もう男子と野球をする機会は最後かもしれない」というセリフ…、現代を生きる私たちからしたら重みのある言葉ではないでしょうか。

現在で考えると、登場キャラクターの殆どが100歳を超えているので、恐らく全員が亡くなっているはず。皆が幸せになってほしいと思える作品でもありますf:id:kiitosgirafarig:20170823042753j:plain


 

【BGM】

 

BGMは大正野球娘。と非常にマッチしています。

作曲者はドラマ「HERO」や映画「電車男」で有名な服部隆之

サウンドトラックを購入しましたが良い曲ばかり。

特に46曲目の「そして、歩き出す」が好みですね。1分23秒と短い曲ながら、彼女たちが必死に練習している姿や、困難に立ち向かう様子がイメージできて、勇気が湧いてくる曲です

考えすぎかもしれませんが、1・2・3と1つひとつステップアップしていく小梅たちを表現して1分23秒なのかな? 気になります。


 

大正野球娘。の視聴環境について】

 

※DVDBOX購入の注意点

 

大正野球娘。は全6巻の映像ソフトとBlu-rayBOXが発売されていますが、これから映像ソフトを揃えたい方に注意してほしいことがあります。

現在発売されている国産Blu-rayBOXは、発売前に告知されていた映像特典が入っていない不具合があるのです。希望者には特典DVDを送る対処がされました。しかし2017年現在、特典DVDの交換対応が行われているのか分かりません。

大正野球娘。の公式HPには、交換対応の記載が最初に表示されます

しかも単品と同じ1巻2話収録でディスク代えが面倒です。そのような不具合があって、手続きをしてまで特典映像を観たい方以外にBlu-rayBOXはオススメできません。

 

もし、大正野球娘。の本編だけを目当てに映像ソフトを購入するなら北米版か中古で単品を安く購入したほうが良いと思います。

※ 北米版映像ソフトは、リージョンコードによって日本のBlu-ray・DVD再生機器では再生できません。ですがリージョンコードのないパソコンなら再生可能です。

 

北米版は日本語吹き替えに対応する一方で、英語字幕が消せない・得点映像が無い商品も存在します。なんだか面倒くさいですが、値段とディスクの入れ替えを軽減させたい方にもオススメ

 映像ソフトは別に欲しくないけれど、本編は観たいなと考えている方は、動画配信サイトで大正野球娘。の動画を購入するのも一つの方法だと思います。

煩わしいディスクの入れ替えもありませんし、スマホに対応していれば持ち運びも可能ですしね

 

ニコニコ動画 では一話が無料です


 

【最後に長々と】

 

 

スポーツを題材にしたアニメは数あれど、大正時代+野球で男子に挑む女子という物語は非常に珍しいと思います。

恐らく多くの方には色イロモノに感じてしまうでしょう。

いやいやそんなことは決してない。

大正野球娘。」は、大正時代の丁寧な時代描写。基本に忠実な演出や、王道を行く展開と魅力的なキャラクターでアニメ史に残る名作です。

 

正直スポーツを題材にした作品は、観る人をかなり選ぶと思うのです。

私のようにスポーツに興味が無い・ルールが分からないから楽しめない・体育会系のノリが大嫌い・とって付けたような友情要素など、観るたびに「勘弁してくれ!」と感じていました。

 

しかし「大正野球娘。」はそんなスポーツ作品とはちょっと違うのですよ

自分の能力以上のものを出すために、気合だとか奇抜な練習など、スポーツ系作品の特徴で魔法的な「困ったらこれ!」要素を極力排除していることも「大正野球娘。」の優れた所ですね。

 

2009年の夏アニメですが、同時期にはアニメの歴史に残る「化物語」が放送されていました。また前番組では、これまた一世を風靡した「けいおん」が放送されていたことで世間ではそれほど「大正野球娘。」に注目が集まることはありませんでした。

ですが、深夜アニメでは珍しいディズニーチャンネルで放送されたこともあり、間口の広い作品でもあるのです。

 

 

大正野球娘。は野球に興味がなくても楽しめる作品ではないでしょうか。

努力によって勝利に突き進もうと、やれることを精一杯実行する様子。野球素人だった小梅たちが上手くなる姿は感動できますし、登場キャラクターも魅力に溢れています。

そして小梅と三郎の関係性のように、現代では感じることが難しい、手が触れるだけで赤面するような気恥ずかしさを体験できるアニメです。

公式による映像ソフトの不備があって視聴環境には恵まれませんが、素晴らしい作品でなので多くの方に観てもらいたいですね