キリンリキのしっぽのアレが考える

空の下屋根の中 1

f:id:kiitosgirafarig:20180303222543j:plain

※ベッドに寝転がるのが笹川香奈絵 本を呼んでいるのが白井まゆ

 

【タイトル】空の下屋根の中1【4コマ漫画】

【作者】双見酔 http://ts.sh49.net/

【連載雑誌】まんがタイムきららキャラット ※現在連載終了

【関連キーワード】無職 ニート 働く ほんわか 社会派 

 ※萌え漫画レビューサイト「萌えまんがの部屋」様に投稿した一巻のレビュー

 

【あらすじ】

笹川香奈絵は高校を卒業後、やりたいことが見つからず無職生活が続いていました。

就職できずに焦る気持ちを抱えながら毎日を過ごす中で、香奈絵の友人たちの働く姿を見て再び就職しようとしますが、世間知らずで大人しい性格、消極的な姿勢からなかなか上手く行きません。

無職生活を送る香奈絵は無事に就職することができるのでしょうか

 

 

【感想】

ニートや働くことについて描かれた4コマ漫画ですが、そのテーマ性からは想像できないほど作品の雰囲気がほんわかしていて、絵柄も可愛らしく読みやすかったですね。

 

内容はもうね…、主人公の香奈絵ちゃんの気持ちが痛いほど分かるのですよ。

就職先の求人情報を探すだけで一日が終了する、一日をダラダラして過ごしてしまう、履歴書に貼る証明写真を撮りに行くことも一大イベントなシーンは共感しまくりでした。

採用の連絡があるまでは、携帯電話の前から離れることができない。不採用の連絡は来ないので、最後まで緊張しながら過ごすシーンは経験があるので思い出しただけで辛かったですね。

 

毎日のように香奈絵ちゃんは「働かなきゃ…」と悶々と考える生活が続きましが、働くことは簡単なことではないのです!

ブログ主も無職の経験がありますから「世の中に簡単な仕事は存在しない」と強く思っています。

 

香奈絵ちゃんは「働こう!」という意思があるだけで凄い!途中からはおもちゃ屋でアルバイトを始めますし、遠回りをしても働くことに向き合おうとする姿が涙腺に来る

 

友達がいるという事実も羨ましいですね。スーパーマーケットに就職した親友「白井まゆ」、激務のIT系に就職した同級生の木津。それぞれが何かを考えながら仕事に取組んでいます。

そんな姿を見ると、私はこの作品を読んで世の中で働いている方たち一人ひとりが苦労をしながら生活しているのでは?と感じるようになりました

 

働くことに悩む方は世の中にきっと多いはず。

そのような私を含めた多くの方に「空の下屋根の中」をオススメしたいのです。

 

暗くなりがちなテーマを扱う作品ですが、ほんわかした作風と可愛らしいキャラクターで救われています。

 

注意点は、漫画冒頭から登場する無職男性の短編です。本編には登場しませんが、本編との世界観にミスマッチなので人によって嫌悪感を抱くかもしれません。私は短編がリアルだったので胃が痛くなりましたorz

香奈絵ちゃんが登場する本編は素晴らしので、興味がある方は是非!