キリンリキのしっぽのアレが考える

キリンリキのしっぽのアレが考える

ようこそ! キリンリキのしっぽには小さな脳がありますが、そんな不思議なしっぽが一生懸命に何かを考えている…そのような眼差しで見て頂ければ幸いです

新装版の新装版の新装版のetc…

f:id:kiitosgirafarig:20170903202919j:plain

漫画作品などで「新装版」という出版方法があります。

古い作品などは読み手に発見されづらいし、絶版になって入手困難な作品は忘れ去られてしまう恐れもあります。ですから、表紙デザインを新たに書下ろしたり、過去に漫画誌で掲載したイラストを載せた完全版のような存在が「新装版」です。

 

この出版方法によって、私もずっと読みたかった「ヨコハマ買い出し紀行」を入手できたし、何度も読み返してボロボロだった蟲師も「新装版が出るから買っておくか」と、所持している漫画を再び購入するキッカケにもなる。

f:id:kiitosgirafarig:20170903204407j:plain

絶版・プレミア化といった入手困難になっている作品や、もっと作品を売り出したい場合にも「新装版」が適していますし、もっと新装版が発売されてほしいですね。

 

時代が進んでいくと新装版も古くなってきます。

ですから「新装版の新装版は発売されるのかな?」という疑問が浮かびました。

できれば安定供給のためにも著者の方が元気なら、新装版の新装版が発売されてほしい。

 

同じ漫画を購入することに抵抗がある方もいますが、私は好きな作品が読みたくても読めない環境になってしまう方が抵抗があるのです。

 

ゲームソフトで良くある完全版商法よりも健全ですし、作品の寿命を延ばせる手段として適切な販売方法だと思います。

欠点としては、新装版の多くは新規イラストやページ数も増えているので、価格が2倍以上する物も存在すること…。

コレクションアイテムとして、そして作品を読む環境を整える物として重宝されるはずですが「ちと高いorz」と感じたことも多い。

 

熱心なファンだったら所有欲が湧いてくるので作品を読み返してもらうチャンス!作品を知らない方がファンになってくれるキッカケにもなる「新装版」は優れていると思う。

 

世の中には廃盤になっている名作漫画がたくさんあるはずで…

もちろん売れればの話ですが「新装版」として復活させる動きが活発になってほしいな~と

 

ただ、原作が素晴らしいイラストだったのに、悪い方向に新装版でイラストが改悪された作品は勘弁してください。何だか悲しくなるので