キリンリキのしっぽのアレが考える

meet-me

セントールの悩み 11話 感想

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918035432j:plain©2017 村山慶徳間書店・彼方市思想教育委員会

 

※ネタバレあり

 

花の名前は……は人の数だけあるんだよ、ってきっと嘘!

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918035600j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170918040058j:plain

御魂家の末ちゃんは非常に可愛らしく、犬にお持ち帰りされたり「絶対に妹にする!」と他人の子どもに言われたりと大変ですw

あと、やんちゃな三つ子の世話が大変そうな委員長ですが、一度も叩いたりせずに母親代わりをしているらしく偉いと思いした。

冒頭の回想シーンで登場した犬ですが手足が6本確認できます。動物たちにも様々な種類がいるのでしょうか

f:id:kiitosgirafarig:20170918040233j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170918040123j:plain

姫乃ちゃん紫乃が散歩するシーンは、非常に微笑ましくて癒されましたね。

この散歩のシーンでは、植物を通じてセントールの世界観を表現しているのではと感じました。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918040446j:plain

植物にもそれぞれに名前があって、特性や見た目は違えどみんな綺麗に咲いています。

一括りの種類で統一するためか、植物の一つひとつに名前を付けることはしませんし、姫乃ちゃんたちから見ればどれも同じように見えるはず。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918041042j:plain

※植物に詳しい姫乃ちゃんが素敵

 

ただし植物にだって競争はあるはずで、種族を残すために生き残ったものが綺麗に咲いている花たちではないでしょうか。

と…、セントールの世界で感じる闇の部分を見ていると、そんな残酷なことを思ってしまう。

しかし、「〇〇は人の数だけあるんだよ、ってきっと嘘!」というAパートのタイトルを考えると、植物を通してこの世界に生きる種族たちの自分勝手さも感じました

 

植物の名前だって植物自身が決めたわけではなく勝手に名付けられたし、違いがあるから戦争や差別が起きる…、実際に9話で描かれたような歴史もあったわけで…。

でもね、植物を見て誰もが「綺麗」と同じように感じることができるし、綺麗ごとに感じてしまう「種族間の形態意識」も非常に難しい問題ですが、解決に向けて活動するルソー氏のような存在もいます

問題はたくさんあるけれど、きっと限りなく平等に近い形態間の均衡はあるのではないでしょうか。

綺麗に咲く植物を楽しそうに鑑賞する姫乃ちゃん紫乃ちゃん

2人の眼差しからそんなことを考えてしまいました

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918044517j:plain

姫乃ちゃんに教えてもらった知識を友達に教えてあげる紫乃

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918044636j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170918044918j:plain

花には様々な形がありますが、見方によって積み木のように多目的に映る時がある。

紫乃の友達は三角の中にも四角があって…と大人でも返答に困ってしまう疑問を紫乃に投げかけますが、一生懸命に答えようとする紫乃が可愛らしかったし、何かを学ぼうとする姿勢は素晴らしいと思う。

この図形の話もセントールの世界について述べているように見えて仕方がありませんでした。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918045147j:plain

子どもは残酷だ!とか、子どもは平和の象徴という方もいますよね。

昨日まで咲いていた花が撤去されてしまい泣いてしまうマキちゃん

そんな純粋さからくる発想が、天才と呼ばれる大人たちでさえ返答に困る質問をする時がある。それは、誰もが目を背けたいと思う物事の本質を子どもたちが分かっているからではないでしょうか。

f:id:kiitosgirafarig:20170918050212j:plain

紫乃は達観したように「早く大人になりたい」と言いいましたが、もっと物事を学んでいきたい姿勢の表れだと感じます。

平和のためには形態差別による矯正も大切ですが、9話の会長も言っていたように「もっと学ばなければならない」という姿勢が大切なのかなと思いました。

 

 

 

美しさは人の数だけあるんだよ、広義で言えばきっと本当?

f:id:kiitosgirafarig:20170918050347j:plain

御魂家の末っ子である末摘は、着替え時にしっぽの収納が上手く行きません。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918050625j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170918050800j:plain

三つ子たちは変幻自在にしっぽを操れるようですね。

セントールの悩みで疑問だった「服にしっぽをどうやって収納するのか」

やはり種族関係なくしっぽの収納は改題となっている模様。

しっぽがズレれば下着が見えてしまう問題に「隠し布」を使用するようですね!

f:id:kiitosgirafarig:20170918050900j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170918051024j:plain

※このようにズレても隠し布で見えません。

なるほど!このような仕組みがあったとは驚きです。

 

 

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918051438j:plain

またBパートでは委員長が家族が認めるほどの美女であること、御魂家の大黒柱である父親の地位が低いことが分かりましたw まぁ今の父親の状況じゃ無理ないか

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918051653j:plain

三つ子たちはいつも委員長にお小言を言われているので、内心では一番美人であることを認めたくないようです。

「上には上がいるよ~」と言いますが、考えるほど委員長より美女がいない模様

保育園の先生が委員長と比較されますが「ママ代わりの美女JKには勝てない」という表現が面白いw

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918052119j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170918052244j:plain

もうすっかり仲良しになった三つ子たちと紫乃

姫乃ちゃんは委員長と違って可愛い系の美人だそうで。

また南極人であるサスサススールは蛇の中で美人だと、三つ子が評論家のように分析していく様子がかわいい(#^^#)

私もサスサススールはかなりの美女だと思う。

f:id:kiitosgirafarig:20170918052511j:plain

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918052755j:plain

一方でボーイッシュな希ちゃんに対しては「男かと思ってた」と散々な言いよう。

このあいだ一緒にプールに行ったのにw

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918053015j:plain

家族間で容姿を褒めることは珍しいのではないでしょうか。それほど委員長が美人だということですね。

 

11話では年少キャラクター中心の話でしたね。個人的には三つ子たちと姫乃ちゃんグループの絡みが大好きなので大満足でした

 

次回で恐らく最終回なのが本当に悲しいです。

セントール難民になりそうで恐ろしい