キリンリキのしっぽのアレが考える

meet-me

家探索 meet-me

東京を再現した仮想空間オンラインゲーム「meet-me

虫捕り・釣り・RPG・カードゲームなど、自分のスタイルでプレイできるので、面白いことを探せば無限大の楽しみ方ができるゲーム

 

自分の家を建てることも出来て、マニアックな施設・お店を開いているユーザーも居て、暇な時は各マイホームを探索することが楽しい

 

f:id:kiitosgirafarig:20171003154138j:plain

画像のように、迷宮に迷ったような面白い施設も建てることが可能。

このユーザー様の家は最後のドアまで辿りつくのは至難の業で、ドアを開く手前でワープが設置された部屋があって外に出されてしまいます。数回チャレンジしましたが挫折orz

最後のドアを開けると何が待ち受けているのか気になる施設でした。こんな遊び心満載の家が作れる発想は素晴らしいと思う。いつかはリベンジしたいですね

 

 

f:id:kiitosgirafarig:20171003154639j:plain

此方のユーザー様宅ではワープを踏むと…

 

f:id:kiitosgirafarig:20171003154605j:plain

空中に放り出されて地面に落下しますw

meet-meでは階段やドアを仕様しなくても、ワープパネルを活用すれば様々な場所に移動が可能なのです。それらを上手く活用して、迷路や隠しバーを制作するユーザーも存在します。

 

f:id:kiitosgirafarig:20171003155038j:plain

温泉施設・銭湯を制作するユーザーも多いです。

こちらのユーザー様の家では、ワープパネルを上手く活用してケーキ屋・銭湯などを一つの建物に上手く設備していました。

健康ランドのような自由さもあって、センスの塊だったので素晴らしいと思います。

 

f:id:kiitosgirafarig:20171003155312j:plain

ウォーターサーバーや、トレードボックス機能付きのアイス入り冷蔵庫・ドリンク機器。マッサージ器など、meet-meの良さである多彩なアイテムを使用して、来場したユーザーも楽しめる工夫がされています。

アイテム入手の有無関係なく、来たユーザーに楽しんでもらいたい考えを感じる家は、例え入場するメリットが無くても楽しいです。珍しいアイテムも鑑賞することが可能ですしね。

 

f:id:kiitosgirafarig:20171003155759j:plain

居心地が良いユーザー様の家には何度でも足を運びたくなります。

中には、宝箱を自由に開けることを許可したアイテム屋のような施設、マイホームにてトレードボックスで消耗品やレアアイテムを限定的に販売するユーザーも存在します。

 

 ユーザー間のコミュニケーションが、家とアイテムによって成立する世界観は自由で素晴らしいと思うのです。

ブログ主のように、オンラインゲームでも他者とコミュニケーションを取るのが怖いと感じるユーザーたちにとっても、ソロで成立するコミュニケーション(それがコミュニケーションと言えるのか疑問ですが)の仕組は有難いし、オンラインゲームで絶対に必要な要素ではないでしょうか。

 

 私も、こんなセンスの良い施設が作れる腕があればな~と、家を探索するたびに感じています