キリンリキのしっぽのアレが考える

「ひだまりスケッチ」 【萌えまんがの部屋】様

moemanga-room.com

 

多彩な萌え漫画のレビューが掲載されている「萌えまんがの部屋」様に

「ひだまりスケッチ」の特集を書かせて頂きました。

 

特集とカテゴリーされていますが、

ブログ主が考えるひだまりスケッチの好きな所・素晴らしいと思った所を自由に書かせて頂いたので、驚愕する新情報や往年のファンが唸るような考察はありません。

最新アプリ「きららファンタジア」に触れたのも冒頭の少しだけですし、

 

もし特集を読んでくれた方がいらしたら、

ひだまりスケッチ」を読んだことが無い方に、記事を通じて作品を知ってもらうこと。

既存ファンの方には作品を読み返すキッカケになって頂ければ本当に嬉しいです。

 

 

個人的には吉野屋先生について書けたことが楽しかったです。

f:id:kiitosgirafarig:20171108230431j:plain

※株式会社芳文社 蒼樹うめ著「ひだまりスケッチ」9巻 第1刷 

P28「好きなもの同士」から引用

 

 いつも適当に見える授業。数々の破天荒な行動からは想像できないほど生徒思いな所が素敵ですよね。

修学旅行の班分で、ゆのたち生徒の交友関係を完璧に把握していたシーンも好きです。

こんな先生がいてくれたら…、そう思う時があります

 

 

ブログ主は夏目が好きで、本当は夏目のことも記載する予定でしたが、尺の関係上削除せざるおえませんでした

夏目ちゃん!ごめんなさい

f:id:kiitosgirafarig:20171108230637j:plain

ひだまりスケッチ6巻 第1刷 P55「あれ?」から引用

 

  

ひだまりスケッチの魅力って何? と聞かれたら

下の画像を見てもらえれば作品の素晴らしさが分かると思います

 

f:id:kiitosgirafarig:20171108230115j:plain

※ ひだまりスケッチ9巻 第1刷 P96「つい今しがた」から引用

 

8巻から登場の新キャラクター「茉里」(まつり)ちゃんが、第9巻でお腹がすいたからと夜にコンビニへ出かけようとします。

それを見たゆのと宮子が

「夜遅くに一人で出かけちゃダメだよー?」

「うちに炊き立てのお米があるからおいでよ~!」

 

と、 茉里を呼び止めるシーン。なんて温かいんだろう(涙)と感動したコマです

 

夜に出歩く後輩を心配するのは分かりますが、

炊き立てのお米 という平和的な言葉と、

気軽にご飯に誘える優しい心根は素晴らしい。これこそ、「ひだまりスケッチ」の特徴だと感じる家族のような温かさではないでしょうか。

 

普通、炊き立てのお米があるからって、咄嗟に

うちに炊き立てのお米があるからおいでよ~!」って言えますかね…。すばらしい!

言われた茉里は困惑しているようですが、内心はとっても嬉しかったはず。

何気ないコマですが、実はとてつもなく名シーンではないでしょうか。

 

記事制作中に作品を読み返して「ひだまりスケッチ」の良さを再発見できました。