キリンリキのしっぽのアレが考える

キリンリキのしっぽのアレが考える

ようこそ! キリンリキのしっぽには小さな脳がありますが、そんな不思議なしっぽが一生懸命に何かを考えている…そのような眼差しで見て頂ければ幸いです

Merry Christmas Mr. Lawrence (1983)

【タイトル】Merry Christmas Mr. Lawrence

【監督】大島渚

【関連ワード】

捕虜収容所 第二次世界大戦 男性一色 美しい デヴィッド・ボウイ

 

 ※注意 ネタバレあり

 

坂本龍一氏のBGM目当てで視聴しましたが、大島渚監督が描き出す捕虜収容所と男性一色の世界観が妙に美しく、デヴィッド・ボウイの浮世絵離れした風貌とキャラクター性に惚れぼれしてしまいました。

 

第二次世界大戦のジャワ島 日本軍捕虜収容所が舞台。むさ苦しいように見える世界観ににおいて、教授の音楽は綺麗で荒廃した廃墟に存在する湧き水のような…とは言いすぎですが、無国籍に誰もが感動できて、無条件で映画に惹き込ませる力を感じました。

 

俳優たちもプロよりは演技の素人が多い。確かに演技はボソボソのセリフと立派な立ち振る舞いとは言えないかもしれません。しかし、それでも何とも独特で不思議、そして美しい魅力がありました。

 

特に英国少佐セリアズを演じたデヴィッド・ボウイは、たった一人でこの映画自体を変えてしまうような魅力があって、大島監督とボウイ、2人だけの特別な絆や信頼のようなものも画面から伝わってくる

 

大島監督が「ボウイはエンジェルである」と言ったように、映画を視聴した多くの人間がボウイに魅了された。それは同性でも変わらないと思う。障がいのある弟から逃げてしまった過去、花が美しく咲く庭で弟と一緒に手を繋ぎ歩くシーン。でれをとってもボウイが画面に出てくるとむさ苦しい世界観なのに綺麗で美しいものに変化するのです。

 

日本軍の他国では考えられないような精神論からくるシキタリ、男色、宗教観、そんなものはセリアズにとってどうでも良く、大島監督はとにかくボウイを綺麗に撮ることを意識したのかな…。それほど私の中でこの映画に対するセリアズの存在が大きすぎるのです。

 

坂本龍一演じるヨノイ大尉にゆっくり近づいて、ヨノイの両頬にキスをする場面。キスをする時に意図的に映像がクレーンアニメーションのコマ送りのようになり、ヨノイ大尉のセリアズに対する思いが良く現れている気がして見入ってしまう。

 

また、物語最後にハラ軍曹とロレンスの会話が切なかったです。ロレンスたち捕虜を痛めつけることが多かったハラが敬語でロレンスと話すシーン。「メリークリスマス! ミスターロレンス!」というセリフからも、2人の友情を感じずには入られず、助けたくても助けられないロレンスの無念さも伝わりました。

 

第二次世界大戦 捕虜施設 閉鎖的 男色など、物語の設定からも「綺麗」や「美しい」とはかけ離れた世界観です。しかし、私はこの映画を観る度に「美しい」という感想を抱きます。

 

大島監督の作品は戦メリしか観ていませんが、素晴らしい映画を撮る監督だと思うし、他作品も是非視聴してみたいですね。