キリンリキのしっぽのアレが考える

かもめ食堂 (2006)

f:id:kiitosgirafarig:20180308185552j:plain

【タイトル】かもめ食堂

【監督】荻上直子

 

【関連ワード】

ハラゴシラエして歩くのだ

 

 

【あらすじ】

フィンランドの首都ヘルシンキ

ここで日本食をメインとした小さな食堂(かもめ食堂)を営むサチエ。しかし、お客さんがさっぱりで、小柄なサチエを見て人々が「子供が商うおかしい食堂である」と思われていました。

 

あるとき、トンミ・ヒルトネンと名乗る少年が食堂に来ました。かもめ食堂の初めてのお客さんです。

日本のアニメが大好きで日本かぶれのトンミは、ガッチャマンの歌詞で分からないところがあるとサチエに質問します。同じく途中までしか歌詞が分からないサチエのモヤモヤは書店に来ても変わらず、書店で偶然出会った日本人「ミドリ」に歌詞を教えてもらったことをキッカケに、かもめ食堂のお手伝いをすることになります。

 

後にフィンランドへ旅行に来たものの、空港で荷物を紛失して立ち往生していた「マサコ」も加わり、かもめ食堂の店員は3人になる。果たしてかもめ食堂が満員になる日は来るのか…。

 

※ネタバレあり 

 

【感想】

f:id:kiitosgirafarig:20180308191348j:plain

フィンランドを舞台に、小林聡美片桐はいりもたいまさこ といった個性的な演者を揃え、日本のソールフードである「おにぎり」、そして鮭の焼き魚・鳥のからあげ・カツ定食、フィンランド人のハートを鷲掴みしたシナモンロールなど、奇抜なメニューは存在しないけど、家庭でもポピュラーで素朴な料理。そんなフードコーディネーターの飯島奈美さんが担当した料理は本当に美味しそうです。

 

かもめ食堂ヘルシンキで実際にカフェを営業する「Kahvila Suomi」 というお店を借りて撮影しました。「Kahvilaはカフェという意味で、フィンランドでは朝から食事ができる場所をカフェと呼ぶらしいです。

 

 

北欧フィンランドで小さな食堂(かもめ食堂)を営みサチエや、様々な悩みや葛藤を経てフィンランドに来たミドリとマサコ。

この3人を見ていると、偶然のようで必然的にフィンランドへ引き寄せられた…。そんな気がしてならず、エアギターやサウナ我慢大会など、ちょっとおかしいけれど大らかで自分らしく生活できそうなフィンランドは快く3人の受け皿になってくれたのだと思いました。

 

 まったくお客さんが来ないかもめ食堂ですが、日本かぶれのトンミ君、シナモンロールの良い匂いにつられて来店したご婦人3人。少しづつであるものの、次第にお客さんが入るようになります。

サチエはかもめ食堂が満員になった事実はもちろん嬉しいと思いますが、美味しそうに定食やおにぎりを食べる人々にこそ意味があって、もぐもぐとご飯を頬張るお客さんの表情に大満足したと考えています。

 

カツを包丁で切る時の「サック サック」

油を引いてお肉を焼く「ジュー ジュー」

など、料理の際に発っしられる音も心地よい。おにぎりを握る時の音さえ美味しそう!

 

かもめ食堂の初めてのお客で、日本かぶれのトンミ

謎の男性マッティにコーヒーを美味しく要れる魔法の言葉「コピ・ルアック」

夫と関係が上手くいかず、やけ酒を飲んで、後に言葉は通じなくてもマサコと心で意思疎通するリーサ

 どの人物も素敵です。

 

無表情ながらも食べ物が美味しければ一瞬表情が緩んで頷くだけ。それだけですが、それが良い!

 

 

ミドリがお客が入らないかもめ食堂へ何とかお客さんを集客しようとしますが、

サチエの食堂に対する考え方に感動しました。

 

日本人向けの料理を作ってガイドブックに掲載するよりは、みんなが食べることが出来てフラッと寄ってもらえる…。まさに食堂やフィンランドのカフェの考えを大切にする姿勢が素敵なんですね。「それでだめなら辞めちゃいます」と潔さも素晴らしい。

 

特典ディスクで本作にも出演したヘルシンキのお肉屋さん。

家族でずっとお肉屋をしているらしく、

「お客さんを家族や友人のように好きになることが大切です」という言葉が作品全体の居心地の良さを上手く表現しています。

 

 

観るとお腹がすいてくる…。そんな名作ですね!