キリンリキのしっぽのアレが考える

おりはらさちこ先生 「萌えまんがの部屋」様

レビュワーの方々の独自な視点によって、作品の良さを発見・再確認できるユニークな特集が魅力の萌え系専門レビューサイト「萌えまんがの部屋」様。

私はたま~にですが、作品の感想を投稿させていただいており、今回は「恋するヤンキーガール」やエッセイ「同棲終了日記~10年同棲した初彼に34歳でフラれました~」を描かれた「おりはら さちこ」先生について、感想と紹介を中心に特集を書きました

 


 少しだけ単行本の紹介↓



 

恋するヤンキーガール

f:id:kiitosgirafarig:20180328182456j:plain

ヤンキー少女に見える「須藤アヤメ」

口調から行動まで色々と誤解されやすいアヤメちゃんですが、お友達や一緒に暮らす おばあちゃんを大切にしているところ。曲がったことが大嫌いで、提出物の提出期限を守ろうとしない生徒を叱るなど、暴力的に見える言動が実は芯が通っていて良いことをしているのですね。

 

見た目によってナギ君もアヤメちゃんに対して「不良少女」と勘違いをしていた。けれど、見た目だけじゃなくて、時間をかけてアヤメちゃんを知った結果、強い正義感とまっすぐで友達を大切にする姿をみて自然と好きになっていく。ナギ君のアヤメちゃんに対する考え方の変化も素敵でしたね。

 

また、アヤメの友達であるナデシコちゃんも、アヤメちゃんと同じで好きな人のことになると行動が空回りしてしまう。アヤメ・ナデシコ・ナギの三角関係もドロドロせずに、好きな人のためなら自分の思いが届かなくても良い…。そんな決意と素晴らしい気持ちも感じられた作品でした。


 

 愛しの桜さん

f:id:kiitosgirafarig:20180328185530j:plain

恋するヤンキーガールと同様に、「愛しの桜さん」も好きな人に対して一生懸命になって奇抜な行動に出てしまう飯島桜さんが物語の中心。

 

彼女は おっとりで天然、コスプレで身体のラインがモロに出ても気にしないタイプの人間ですし、大好きな旦那の涼介と一緒に暮らせて幸せそうに見える。

アヤメちゃんと同じで好きな人を考えるあまりビックリするようなことをしてしまう。さらにはお酒によって通常の桜さんの性格からは考えられないオヤジになるギャップからも、おりはら先生の描く女性キャラクターのパワフルさを感じました!

 

個人的には、他夫の涼介に好意を抱いている青果店の娘「菊田真帆」と、猫のカオルさんが印象に残っています。

カオルさんは猫ですが、女性に並々ならない情熱があるんですね。桜さんが元気のない時にいつも通り胸部に抱きつきますが、「元気のない乳はつまらん」と言ってその場を後にする…

何なんだこの猫はw と笑ってしまいました


 

 にぃづまごっこ

f:id:kiitosgirafarig:20180328192618j:plain

叔父・誠(21)と姪・美咲(5)の同棲生活が描かれ、居酒屋にて「お通しは?」など、とても5歳児とは思えない美咲ちゃんが面白い。

叔父と姪のカワイイ日常生活が中心ですが、良いな~とおもったのが、誠のバイト先の同僚である吉本春菜(20)と美咲の友人関係です。

20歳と5歳ながら一緒にお出かけしたりと、同い年のような友人関係にちょっと笑って素敵だと思いましたね。それほど美咲の精神年齢が高く、逆に春菜の方が精神年齢は低いとも考えられますがバランスの取れたコンビで好きですね。

 

単行本にはプレミアがついて入手しづらい環境だったらしい。電子書籍に良いイメージがなかったのですが、電子書籍も便利で面白いなと

にぃづまごっこ のような作品が気軽に読めるのは大きな利点だと思います。


 

 同棲終了日記~10年同棲した初彼に34歳でフラれました~

f:id:kiitosgirafarig:20180328194602j:plain

本当は第三者が漫画をかいして想像し、当事者のことを色々発言するのは気が引けますが、最低と感じた彼だって何かしらの事情があって、彼ならではの苦労があったのかもしれない。

だけど、やっぱり最低に映ることは事実。10年も一緒だったから家族も同然だったんじゃないかな。お互いの酸いも甘いも知り尽くしているようで、まだ知らないことが沢山ある。恋愛って簡単じゃない


 

35歳からのお酒デビュー

f:id:kiitosgirafarig:20180328200002j:plain

お酒を愛する方に喧嘩をうってしまうかもしれませんが、

お酒が大好きな多くの人って、お酒の美味しさや素晴らしさを お酒が苦手な人に上手く説明できていないと思うのですよ。

「お酒って苦いだけじゃないですか」と言うと、「大人になれば分かる」だとか「苦いから良いんだよ~」など、とっても抽象的で感覚的に説明してくるから「???」となってしまう。(お酒好きな方を馬鹿にしているわけではありません)

 

 ブログ主も全くお酒が飲めない。むしろお酒に対して悪いイメージを持っている。

「35歳からのお酒デビュー」は、お酒が飲めない おりはら先生が描かれているので、飲めない人間が共感できるシーンが多かったです。美味しく飲めるように工夫や勉強をしたり、直接プロに指導してもらって美味しさを一から知っていく。

 

ですから、お酒に悪いイメージを持つ方のほうが楽しめるんじゃないか…そう感じた作品でしたね!


 

最後に

もし、おりはら先生が描く作品に興味がある方は

SNSやブログも運営されていますし、アメブロではエッセイ風の4コマ漫画も読むことができますよ