キリンリキのしっぽのアレが考える

電子書籍も良いかもしれない! けれど まだ様子見…

 

 

現在でも本当は紙で読みたい気持ちは変わりませんし、出来れば読みたい時にパラパラとページをめくって読める方向で行きたいのですが…

住む地域の書店数と品揃えはたかが知れているし、通販で注文しようとしても中古品しかない作品もある…。

電子書籍についてあまり良い印象は持っていませんでしたが、物は試し!

ということで、少し前に電子書籍サイトに登録して実際に利用してみました。

 

 

利用電子書籍サイトは、以前Steamでゲームを購入した際に使用した電子マネー「ビットキャッシュ」が使えるというだけで「コミックシーモア」にしました。

私は正直、コミックシーモアにはまだ懐疑的な立場にいます。なぜかというと、ネットサーフィンを趣味とする方々から嫌われている過激な「ネット広告」を頻繁に表示してくるからですね。

例えばDMMなんかのアダルト方面の広告に頭を悩ませた時期があり、その後なんとかブロックアプリを入れて表示させなくしましたが、誤クリックを狙うような広告は決まってDMMとか、グロテスクやアダルトな漫画のコマを表示させる電子書籍の広告なんです。

 

だから時期をみて、他電子書籍サイトへ乗り換えるかもしれません。

 

色々と納得できない要素はあるものの、実際に利用してみると中々便利であることが分かりました。

 

※良いと思った点

 

◆電子だから品切れを起こさない

amazon楽天で品切れを起こしていると絶望してしまいますが、電子書籍の場合は品切れがないから安心感がありました。

 

◆紙よりも少しだけ安価

作品によっては異なるものの、紙の単行本より安価な作品もありました。やはり少しでも安価なほうが手に取る機会は増えるのかもしれません。

 

◆雑誌のバックナンバーが気軽に購入できる

私は単行本派で滅多なことではコミック雑誌を購入しないのですが、これが最も便利で素晴らしいと思いました。

好きな作家さんの読み切りなどを見逃してしまっても作品を追うことができます。また、もう廃刊されて入手が困難な漫画雑誌が未だに購入できるようで驚愕しました。これは書店では実現が難しい販売方法だと思うので非常に便利ですね!

 

◆試し読みが豊富

コンビニや書店なんかでは立ち読みが出来ない+あまり良い印象を持てない

それぞれの電子書籍ストアでは期間限定で第一話、太っ腹で1巻まるごと無料キャンペーンも存在するみたいです。また、漫画雑誌などは各掲載作品の第一話をピックアップした書籍が無料で購入できたりします。

f:id:kiitosgirafarig:20180329181637j:plain

「月刊COMICリュウ」の無料誌。COMICリュウのように、掲載作品の「女性・男性にオススメ」や「ただカワイイだけじゃないヒロイン特集」などジャンル別で無料誌が読める漫画誌も存在します。

作品に興味があるけれど購入を躊躇する方にとって、こんな感じで無料版が存在するのは有難いですよね。

 

f:id:kiitosgirafarig:20180329181526j:plain

此方は「まんがライフ系」の作品を集めた無料誌。しかし、コミックシーモアでは「まんが○○」を含めた漫画雑誌は販売していませんでした(それぞれの単行本は販売されている)

まんが○○系は専門の電子書籍サービス(まんがライフGIGA)を展開しているらしく、そのような漫画雑誌は他電子書籍サイトでの販売に対応していないのでしょうかね。ちょっと残念な気持ちがありますが仕方がない。

 

 

◆割引やポイントに関するキャンペーンが存在する

コミックシーモアでは初期登録の際に電子書籍1冊対象の半額クーポンが貰えたり(調べてみたら、どこの電子書籍サイトも同じような初期登録キャンペーンを実施)や、まとめ購入割引クーポンなどが季節や行事ごと、登録ユーザーに配われていました。

ユニークだと思ったのが、コミックシーモアでは「花粉症応援」と評して、花粉症の時期に割引クーポンを貰いましたw 

ただし、多くのクーポンが期限付きなのが大きなデメリットですね。

 

 

◆漫画以外の電子書籍にも対応

ライトノベル・スポーツ雑誌・写真集・ファッション誌・ミリタリーなど、販売されている電子書籍のジャンルがとにかく豊富。「電子書籍は漫画だけ」という固定観念がありましたから驚きましたね。

 

 

◆作品を知るいいキッカケになる

電子書籍のサイト内を調べていると、「面白そう! 読んでみたい!」と気になる作品が出て来ます。リアルの書店にて自分の目と足で本を探すのも悪くはありませんが、目に入る情報量は電子書籍サイトのほうが多いと感じます。

 

 

◆購入しづらい作品も購入しやすい

ちょっと他の人に知られたくない作品を、周囲の目を気にせず購入できる点も良いですね~ヽ(^o^)丿

通販で頼んだものの、伝票に恥ずかしいタイトルがデカデカと…。伝票を考慮してくれる通販サイトも存在しますが、家族が間違って開けてしまうことも考えられますよねorz

 

コミックシーモアではBLやレディコミの宣伝が目立ちますから、女性の利用者が多いのかな? やはり気軽に目立たず購入できるのは本当にメリットだと思うのです。

 

 

 

 

 

※悪いと思った点

 

◆すべての書籍が揃っている訳ではない

電子書籍では販売されていない作品もあります。当たり前ですが、電子書籍化もされていないので読みたい作品は、紙の単行本、中古品での購入に限られます。

また、電子書籍サイトにおいて、新装版が発売されている作品は旧版で販売されていることが多く、新装版の購入を考えてる方は要注意。

各サイトによって品揃えも変わってくるので、電子書籍の購入を考える方は、事前に作品の有無を調べることをオススメしたいですね。

 

 

◆特典が削られる

こちらも当たり前ですが、クリアファイルといった現物での購入特典には対応していません。これはデメリットではあるのですが、電子書籍と紙で差別化できていて良いと思います。

電子書籍版に限る特典イラストの掲載など、どちらを購入してもそれぞれでメリットはありますから、電子と紙、両方購入する方もいるはず。

 

 

◆文字を読むのが疲れてしまう。

Kindle楽天koboといった大手電子書籍ストアについては分かりませんが、コミックシーモアの場合、ブラウザにしろ専用の読書アプリにしろ、漫画の吹き出し含めて文字が小さいと感じます。

拡大をすればいいのですが、拡大して元に戻す作業は結構疲れてしまうのですね。

 

まだ試していませんが、小説など文字の多い書籍において、ユーザーはストレスなく読めているのか疑問に感じてしまった。

便利なだけに、もっと快適に読めるようユーザーで工夫が必要だと思いましたね。

 

 

◆キャンペーンに踊らされる…

「3冊購入で30%引き!」

「○月○日までに使える割引クーポン!」

など、クーポンの存在によって書籍の購入タイミングが決まることが多い。安くなりますし、良いことではあるものの、「早く読みたい」と考える作品の購入に戸惑いが生まれるw

個人差はもちろんありますが、何だか運営の思うツボ・術中にはまっているような気がしますね。購入意欲を掻き立てる上手な方法だな~と…

 

 

 

 

電子書籍も良いかもしれない!】 

電子書籍ストアによって様々なサービスが存在し、大手通販には負けますが品揃えも豊富。ストレスなく気軽に購入でき、紙ではプレミア価格でも電子なら定価で買えるメリットもあります。

 

私はまだ紙で読みたいと考えていますが、紙=電子書籍でも良いのではないかと

時と場合によって使い分ければ便利ですし、やはり人目を気にせず買えるのは大きいな~と。

 

電子書籍もすばらしい!