キリンリキのしっぽのアレが考える

キリンリキのしっぽのアレが考える

ようこそ! キリンリキのしっぽには小さな脳がありますが、そんな不思議なしっぽが一生懸命に何かを考えている…そのような眼差しで見て頂ければ幸いです

ベリ=マッチ

どんなジャンルでもそうですけれど、

過去に活躍した人の功績を動画で知ってファンになり…、調べてみたら引退していた&調べても詳細が良く分からない…といったことが頻繁にあります。

 

私のリサーチ不足ですし、本当は、各国の言葉を理解していないと詳しく理解することは難しいと思うのです。翻訳機能なども便利ですけれど、詳しい情報はやはり現地で感じたこと、リアルタイムで知った情報のほうが根はしっかりしていると感じます。

 

 

私はスキージャンプの動画(ペアといった創作ではなく、実際の競技としての動画)を最近になって観るようになり、気になる選手(現役引退者を含む)が数人出てきました。

 

例えば、2002年に開催されたソルトレークシティ五輪。スキージャンプ競技、フィンランドの団体銀メダルメンバーである

「ベリ=マッチ リンドストローム (Veli-Matti Olavi Lindström)」選手が気になりました。

 引用 https://www.youtube.com/watch?v=sd2AALk1uiE

フライング(飛距離が長いジャンプ台)でのジャンプ

私はジャンプ素人ではありますが、動画を観るかぎり彼のジャンプは飛形が美しく感じ、着地の寸前まで整ったV字を保っている綺麗なジャンプに見えます。※動画において、審判5人のポイントは低いので、テレマークの有無や詳しい方から観れば綺麗ではないのかもしれませんが…。

私はフライングなんかで、終盤にかけてスキー板と体のラインが一直線になる。または。体と板が途中で接近して見える・体勢が崩れないようなスタイルが好きなので、カメラワークを含めて動画におけるベリ=マッチ選手のようなジャンプはカッコいいと思います。

 

 ベリ=マッチ・リンドストローム - Wikipedia

 

wikiの情報によりますと、ベリ=マッチ選手は怪我に苦しんだ時期があり、復帰して好成績を残してもナショナルチームのメンバーに選ばれず、以降は成績が振るわないシーズンが続いているようですね。

引退したのか分かりませんが、2018年現在で34~35歳という年齢なのでベテラン選手ですね。現役を続けているようでしたら是非応援したい選手の一人です。

 

 

 

完全に名前から興味を持ちましたが、フィンランドの名前は日本からすれば奇抜に映りますよね。

リンドストロームスウェーデン系の妙らしいのですが、ベリ=マッチという名前はフィンランドではポピュラーなのかな?

 

フィンランドでは○○ネン など〝nen〟という名字が国民の1/3いるらしいです。

フィンランド人の名字:国民の1/3以上が「~ネン」の国 - フィンランド大使館・東京 : 最新ニュース

 「ネン」は通常「小さい」を意味する指小辞だが、名字になると、一族が住んでいた場所を表すことが多い。ヴィルタネンの意味はもともと「小さな沢」だが、名字では一族が沢の近くに住んでいたこと示す。マキネンも本来「小さな丘」を意味するが、名字では一族が丘からやって来たことを表す。

引用 http://www.finland.or.jp/Public/default.aspx?contentid=238973

 

日本人にも知名度が抜群のヤンネ・アホネン選手なんかも、

アホ aho が草原という意味があり、アホネンとは「草原から来た人」という意味がある。

だから、奇抜に見えるアホネンという名前は決して「アホだから」ではなくて、しっかり意味がある。どうしても「アホネンw」と笑われてしまう名字ですが、日本人なら一度聴いたら忘れられない名前ですよね。良い方向で知名度の向上にも繋がってくれたら良いですね!

 

 

ヤンネ・アホネンと言えば、どんなに大ジャンプを見せても表情が変わらない選手で有名です。

また、スポーツで多大な活躍をしたフィンランド選手に贈られる「フライングフィン」というあだ名もつけられていますね。

 

ワールドカップ通算36勝は男子の中で歴代4位

ラージヒルで155mという異次元な飛距離を飛んだこともあり、喜ぶジェスチャーをしていたものの、やっぱり表情は一切変えないカッコよさがある。

フライングイーグルや鉄仮面と呼ばれ、オリンピックなどで良く「フィンランドのスーパースター、ヤンネ・アホネンの登場です!」と実況の方がアナウンスする選手でもあります。

レジェンドこと葛西選手はアホネンの笑った顔を見たことがあるらしく、やっぱい凄い人なんだなと思いますね。

どのくらい表情を変えないかというと…

 

引用 https://www.youtube.com/watch?v=QIHYcJCh8DQ

近寄り難い人だと思っていたけど…、意外とお茶目なのかも!

 

 

アホネンのようなベテランが活躍していると嬉しくなります。

アホネンの全盛期に総合優勝にも輝いたことがあるチェコのジャンプ選手・ヤクブ・ヤンダ選手が最近になって引退したそうです。

ヤンダ選手は39歳での引退でだそうで、綺麗な飛形で好きな選手でしたから残念ですね…。どうやらチェコの政治家に転身したらしく、国会議員として活躍しているそうです。

 

引退は残念ですが、なんだか元スキージャンプの元総合王者が国会議員となり、国のために躍動する姿って非常にカッコいいと思います!