キリンリキのしっぽのアレが考える

すばらしい

f:id:kiitosgirafarig:20180526172054j:plain

Film TM & (C) 1993 Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved

 

映画 ジュラシックパーク

私は1993年に制作された、いわゆる初代を視聴するたびに、毎回とあるシーンで感動してしまいます。

 

そのシーンは、アラン博士たちがパーク内で初めて恐竜と出会うシーンです。

アラン博士とエリー博士が驚愕した様子で車から降り、カメラが博士たちの嬉しそうな表情を映しつつ、ゆっくり巨大なブラキオサウルスを映すシーン。

 

このシーンは、我々視聴者が新しい映像表現に感動すると同時に、本当の恐竜を目の前にして同じように驚愕する博士たちと気持ちを共有できる映画ならではの感覚。

映画史に残る名シーンだと思いますし、このファーストコンタクトを超える恐竜の描き方というのは、続編でもしっかり描いてほしい要素なんですね。

 

続編も娯楽映画として地上波で放送すると盛り上がりますよね。

評価が芳しくないロストワールドも、アメリカ本土に恐竜が上陸するのはワクワクします。

シリーズを通じて少々、人間関係やセリフ、演出で納得いかないことはあるのですが、小さな子からマニアまで楽しめるテーマが存在するのも素晴らしいです。

 

どの作品も素敵だと思うのですが、やはり私は1993年に放映された1が好きですね。

 

子供嫌いのアラン博士が2人の子供たちに懐かれて、

「私はこどもが苦手なんだよ」と散々文句を言いながらも、一緒に困難を乗り越えていく姿が笑えて感動できる。

 

登場人物にストレスが溜まってしまう3でも、アラン博士と遭難した子供の交流が描かれていますから、私は3も結構すきかもしれません (^_^)v

 

人間が神のように恐竜を生き返らせることが本当に正しいのか…という少し難しいテーマをきっちり描いたことも評価したいです。

やはり恐竜が四六時中あばれるだけでは疲れる。しかし、人間関係に焦点を当てすぎるのもダレてしまう。上手い具合にバランスを取る必要があると思うのです。

 

今後も続編が作られるはずで…

1の博士たちが恐竜(ブラキオサウルス)とファーストコンタクトのように、グッとくるシーンが観たいですね!