キリンリキのしっぽのアレが考える

すのはら荘の管理人さん 1

すのはら荘の管理人さん (1) (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)

TVアニメ『すのはら荘の管理人さん』公式 (@sunohara_anime) | Twitter

 

包容力のある年上のお姉さんという存在は、性別関係なく、人々の憧れの対象ではないでしょうか。

その憧れというのは、お姉さんのような人間になりたい! という憧れだったり、甘やかされたい、〝癒しされたい〟という憧れなど色々。

 

「すのはら荘の管理人さん」はそんな〝癒し〟を満たしてくれる作品。

下宿先の大家さんとか、優しくて見た目もそうですが、包容力の大きさといった、いわゆる年上女性+可愛い男の子の〝おねショタ〟成分が堪能できる作品。

〝おねしょた〟に好まれるポイントが多彩に盛り込まれており、年上女性にからかわれたい、たぶらかされたい方の欲求を満たしてくれる。

まさに老若男女、時代と共に需要が上がってきている〝おねショタ〟の良い所を取り揃えた4コマであると感じますね。

 

f:id:kiitosgirafarig:20180616172050j:plain

すのはら荘の管理人さん 1 ねこうめ 株式会社一迅社 第5刷 P13

亜樹を女の子と間違い、一緒にお風呂に入ろうとする彩花さん

ひょいっ!と亜樹を持ち上げる。

勘違いとはいえ、逆お姫様だっこは素晴らしい

 

本作は上で述べたように、素敵な年上女性と年下男の子のドキドキするスキンシップが、これでもかという程に描かれている。

 

あらあらうふふ」系の管理人である「春原彩花」と、女の子にも見える可愛らしい男の子「椎名亜樹」。

なんといっても彩花さんの包容力。

思春期である亜樹君の理性を刺激しまくる大人の女性で、この人と一緒にいるだけで悩みが溶けていくような…。

そんな暴力的な包容力が亜樹君を悶えさせ苦しめるシーンが魅力の一つ。

 

f:id:kiitosgirafarig:20180616173423j:plain

すのはら荘の管理人さん 1 ねこうめ 株式会社一迅社 第5刷 P68

この身長差がよい

 

また、綺麗な年上お姉さんにチョッカイを掛けられたい願望を持つ方。

本作はそんな需要を満たしてくれる作品で、ほっぺたをふざけてつつかれたい、頭をナデナデされたいソフトなコミュニケーションはもちろん…

乱暴な言葉で表現すると、素敵な年上お姉さんに平和的に滅茶苦茶にされたい方にも合う作品かもしれない。

 

主人公である中学生「椎名亜樹」も、彩花さんに負けじと可愛らしい。

彼は性格も良くて、ドキドキして顔が真っ赤になるものの、傍から見たら多くの方が崩壊するであろう理性も、一生懸命に保とうとする。そこも可愛いし、コスプレをした姿なんかは女の子にしか見えない。

 

ですから、疑似的な女性同士のふれあいを感じさせるコマが多いと感じ、コアなファンが付いている 女装した男の子×年上女性の構図も 描かれています。

この関係は小さくて可愛い男の子ならでは。

 

f:id:kiitosgirafarig:20180616175302j:plain

この作品は管理人の彩花さんのほかに、すのはら荘に住む亜樹の先輩方も3人登場します。

当たり前ですが、それぞれのお姉さんで特徴があるし、亜樹君との組み合わせによって読者の好きなカップリングも違ってくる。

 

例えば、身長135センチの生徒会長「雪本柚子」

彼女は唯一主人公の亜樹がマウントを取れるキャラであり、お姉さんというよりは年下キャラに見えて、亜樹も彩花さんのようにドキドキはしない。

だけど、おねショタはギャップ受けするジャンルでもあるわけで…

年上(小っちゃい)お姉さんと男の子でも全然OK。そのように本作は色んな おねショタを描いているのが素晴らしい。

 

いろいろと変なことを書いてしまったけど、素敵な年上お姉さんに癒されたい!という、だたそれだけの理由で読んでも楽しめる作品だと思いまよ!