キリンリキのしっぽのアレが考える

キリンリキのしっぽのアレが考える

ようこそ! キリンリキのしっぽには小さな脳がありますが、そんな不思議なしっぽが一生懸命に何かを考えている…そのような眼差しで見て頂ければ幸いです

好きな作品を人に勧めるにも勇気が要ります

「何かオススメのアニメはないですか?」と聞かれると返答に悩みます。「好きな作品は?」だったら良いのですが

 

自分の好きな作品を答える勇気が持てないし、答えたとしても質問者が「?」になってしまう恐れがあるのです。

 

ブログやインターネット上なら胸を張って答えることができますが、リアルで答えたとしても「合わない作品だったらどうしよう…」と考えてしまう。だから社会人になってからは、趣味趣向に対する質問の返答に困りました。

アニメを普段見ない方に対して、好き勝手オススメを紹介しても質問者は堪りませんよね。社交辞令で会話をする場合もありますし。

 

知名度やファンの絶対数が多い作品を紹介するにも、好きでない作品はオススメしたくないので嘘は付けないし。かと言って好きな作品を紹介するにも勇気が要る

 

だから面白いアニメや映画を探している方に言いたいのは、そのような作品を自分の力で探してほしいということです。

 

雑誌やインターネットで調べたり…、作品をレビューしているブログを徘徊するだけで「気になる!」と思える作品に出会えるはず

 

偶然知った名作や「面白そうだな!」と感じた作品の方が印象に残りますし、他人に聞くよりも、自分で探した方が実は効率が良いと思います。動画サイトには映画の予告が散らばっていますしね。

漫画の場合、片っ端から漫画雑誌を購入して面白い作品を探すことも一つの手です。露出の高い週刊誌以外にも、知られていない名作は山ほど存在しますから、労力を使っても試す価値はあるでしょう

 

此方から無理やり「映像ソフトを貸しますよ!」と言っても相手が困ってしまう…。そのような微妙な空気は辛いです。何事も善意での強制は辞めた方が良いと思いました。

 

オススメを聞くことは大事ですが、自分で探すことも考えてほしいし、無理に勧めることも悪いですorz

 

カッコいい!

カッコいいとは何か…。たまに考え込んでしまうことがあります。決して容姿が優れているだけではカッコいい!とはなりませんよね。

私は、人の出来ないことを達成したり、強い意思や優しさを貫く人、何かのパイオニア(先駆者)はカッコいいと思います。

 

例えば、テクノポップのパイオニアである「クラフトワーク」は本当にカッコいいです!作る音楽はもちろん、自分たちの情報は多く開示せず、淡々とロボットが演奏している・・・そのようなライブスタイルも素晴らしい。

ヒッピー時代に、ネクタイを締めた銀行員のような恰好でライブをした行為自体もカッコいい。

人間解体

 

映画の登場人物で言えば、ライフ・イズ・ビューティフル(1997年・イタリア)の主人公グイドもカッコいい

いつでもユーモアを忘れないキャラで、ユーモアで戦争の苦しさに立ち向かうこと、苦しい状況でも息子を守ろうとする姿に強い優しさを感じましたね

 

ライフ・イズ・ビューティフル [Blu-ray]

 

エクソシスト(1973)のカラス神父もカッコいいと思います

母親の死に目に合えなかったことを悔やみ、純粋な少女にとり憑いた悪魔に立ち向かう姿がカッコいい!

カラス神父は教会のカウンセラーも務めますが、世の中の状況や母親の死によって信仰を失っていく様子が他人ごとではなく、映像も相まって非常にリアリティーが存在するキャラクターという点も良い

エクソシスト ディレクターズカット版 & オリジナル劇場版(2枚組) [Blu-ray]

 

見た目のカッコよさも大切です。第一印象が良いに越したことはないし、社会人になればそれを強く実感します

しかし、自分がカッコいいと感じた存在たちは、決して容姿に優れているわけではありません。世間で騒がれているアイドルやアーティストたちもカッコいいと思いますが、容姿だけでカッコよさを決めるのはどうかな…と

 

「見た目が全てではない!」は、綺麗ごとに捉えられる時代ですが、表面的なことしか見ようとしないはダメ。私も表面を見て判断してしまうことが本当に多いのです。

 

見た目と内面が揃えば問題なしですが、カッコいいと感じる要因には、内面が密接に関係しているのではないでしょうか

求める物がインターネットにある? meet-me

 時間を見つけてはインターネットにかじりつく日常を送っています。

外に出るよりもパソコンの前にいた方が落ち着きますし、

以前は良く利用していた地元のTSU〇AYAも長い間利用していません。

 

例え外に出かけたとしても、自分の求める物がありませんし、ただ疲れるだけなのです。

このような考えの方は多いと思います。特にアニメやゲームの専門店が少ない地方では、移動に車が必須のように、インターネットもまた必須ではないでしょうか。

「外に出た方が良いよ!」と世間では言うけれど、目的が無ければ出ない方が良いと私は考えています。

 

インターネットは自分の求める物がほとんど存在しますし、コンテンツとして販売もされていますから外で買物をするより敷居が低い。品揃えも段違いですからネット通販が発達したのも当然ですね

 

でも、たまにインターネットから「離れたい」と思うことがあります。

長時間のパソコン操作で疲れた時はもちろんですが、見たくない情報を見てしまったり、面白いコンテンツが探しても見つからない時など、どうしようもなくパソコンから距離を取りたくなるのです。

しかし、数時間経てば再びパソコンを開いているので、インターネットに依存しているのかもですね。求める物が存在するから仕方がないと開き直っていますが…

 

最近、あるオンラインゲームを始めたことで、パソコンをいじる時間がさらに増えました。

界隈では「面白いこと以外何でもできるゲーム」と駄作の評価がされるオンラインゲームですが、自分のやりたいことを淡々と行えるので今のところは楽しめています。

たしかに金策で何時間も釣りをしたり、適当に見える運営に対してツッコミたい気持ちはありますが、ユーザー同士のワチャワチャ感が笑えるし、作業ゲーもポケモンの孵化作業を経験していれば耐えられないことはないです。

基本的にソロプレイで、イベントに参加するのが怖いと思っていますが、いつかはイベントにも参加したいですね

 

オンラインゲームに対して良いイメージがなかったけれど、他のネトゲもプレイしたいと考えるようになりました。オフラインでは味わえない醍醐味は癖になりますし、アバターを揃えるのが凄く楽しい

 

今後もインターネットが生活の中心にないそうです

 

 

キノの旅の新作アニメを観るのが怖い

2017年秋から放送される「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 」

原作はもちろん、中村隆太郎監督によって2003年に放送されたアニメを繰り返し視聴するなど、キノの旅シリーズが大好きです。

アニメのDVDを初めてマラソンした作品も中村隆太郎監督版キノの旅なので、思い出も強く残っています。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170816155050j:plain

※2003年に制作されたキノの旅 ©『キノの旅』製作委員会

 

以前、私は2003年版キノの旅のレビューをさせて頂きました。

独特の映像表現やノイズを使用した演出、声優さんの演技は賛否がありますが、私は自然体で素晴らしいと思います。非常に静かなアニメで、鳥のさえずりやモトラドであるエルメスのエンジン音が良く響くような世界観です。

そのような演出は「暗い」「冗長」と捉えられることも分かりますし、キャラクターデザインも評価が分かれる要素だと思います。

kiitosgirafarig.hatenablog.com

 

また、世間の評価は決して高くはありません。2003年のアニメ化を無かったことにしたいキノファンも多く存在します。だから2017年になって再度アニメ化が決まったのでしょうし、中村隆太郎監督はすでに亡くなっているので、その事実も少なからず関係している?と感じます。

 

私の悪い癖ですが、好きな作品のアニメ化や期間をおいてのリメイク・2期が決定すると嬉しい反面、視聴するのが怖くなってしまいます。

 何だか気にいらない部分を過剰に否定したり、作品自体を嫌いになってしまうのが恐ろしいのです。

 

例えばリメイクで監督が違うと作風も変わってきます。私はアニメにおいて、中村隆太郎監督による「キノの旅」しか世界観を知りませんし、その作品が好きという意思が強い

だから、キャラクターデザインや声優さん、世界観が違うキノの旅を観ると不安になってくるのです。

 

新作PVを観れば分かる通り、現代風?にリメイクされた世界観が素敵と思う一方で、新作が決定された当初から、何だか中村隆太郎キノの旅を否定されたような気持ちになってしまった…

 

もちろん、時雨沢恵一先生による原作を含めて「キノの旅」は素晴らしく、より多くの方に知ってもらいたい作品でもありますが、放送が近づくにつれて「怖い」と怖気づいてしまう…

 

この考えは他者にとって理解できないと思います。第一に私自身が「理解できない!」と感じているので。

本当にこの気持ちで失敗することが多いです。気軽に楽しめば良いのにね…

 

新規ファンも獲得できて、キノの旅について語れる人が増えるのは非常に嬉しい!

ですが「怖い」気持ちは変わらないのが辛いです

いつかプレイしたいゲーム

プレイしたいと考えているゲームが皆さんにもあると思います

最新機種で発売されるソフトなら良いのですが、レトロゲームのジャンルに入る作品は、プレイする環境が整わないことが多いですよね。

私のプレイしたゲームのほとんどが中古品で探すことになるソフトばかりで、中には死ぬまでにプレイ出来そうにないソフトも存在するのです。

 

今回は、ブログ主が見返すためのメモとして、プレイしたいゲームを書いていきます。

 

 

GGアレスタ2 (ゲームギア・1993年)

 

GGアレスタ2 【ゲームギア】

コンパイルと言えば「ぷよぷよ」や「魔導物語」が有名ですが「アレスタシリーズ」と呼ばれるシューティングゲームも有名です。

特にGGアレスタ1・2は、ゲームギアとは思えないBGMに感動してしまい、是非プレイしたいと思いました。機種の制約をもろともしない名作STGとし評価される作品なので、プレミア価格がついていますがプレイしたいな~

 

 

テラーズ (ワンダースワン・1999年)

テラーズ 初回限定版 WS 【ワンダースワン】

ワンダースワンのノベルゲームとして、モノクロの雰囲気とワンダースワンの波形音源が上手く恐怖を演出していると評価される作品。ソフト自体は安価で入手可能ですが、テラーズの醍醐味である「ヘッドホンアダプタ」を使用してプレイしたいです。

 

ワンダースワンは、コスト面の関係からヘッドホン端子が削除されており、専用のアダプタを購入しなければなりません。

問題は、2種類存在するワンダースワン専用ヘッドホンアダプタが、どちらもプレミアが付いていることです。

 

ワンダースワンは当時の携帯ゲーム機において、群を抜いて音源に優れたゲーム機です

ブログ主もワンダースワンの音が大好きですが、ほとんどのゲームでサウンドトラックが発売されておらず、本当に勿体ないと思います。

 

 

 

マジカルチェイス (PCエンジン・1991年)

マジカルチェイス

PCエンジンの中でもトップクラスにプレミアが付いているシューティングゲーム

1991年発売とは思えないグラフィックとゲームデザイン。そして、何と言っても崎元仁氏によるBGMが素晴らしいのです。

 

このブログでもマジカルチェイスの話題が度々出ますが、初めてBGMを聴いた時に腰を抜かすくらい衝撃を受けました。

2013年に発売されたサウンドトラックは宝物です

マジカルチェイス オリジナルサウンドトラック

 

 

 

夢見館の物語(メガCD・1993年)

夢見館の物語 MCD 【メガドライブ】

メガCDを代表する名作と評価され、「バーチャルシネマ」というジャンルを確立させた作品。私は某ラジオで声優の三上枝織さんが、セガサターンで発売された続編「新説・夢見館」を所持していたと発言したことから興味を持ちました。

 

プレイ動画を視聴しましたが世界観が素晴らしく、メガCDの粗い画質と雰囲気が奇跡的にマッチしているのです。

CD-ROMを活かしたフルボイスなど、様々な要素で高水準の印象を受けました

個人的には世界観に浸るために、目を悪くする覚悟で暗い部屋でプレイしたいです

 

 

 

 でじこミュニケーション2 打倒!ブラックゲマゲマ団(GBA・2004)

でじこミュニケーション2 打倒!ブラックゲマゲマ団

ゲー〇ーズの店員となり、カードゲームを駆使しながら経営していくゲームです。

 

デジキャラットキャラゲーですが、カードバトルを始めとするゲーム性の評価が高い作品で、ゲーム映像を見る限り、思わずプレイしたくなるようなコンテンツが充実しています。

 

ドットのグラフィックは綺麗でカードバトルの通信対戦も可能ですし、何と言ってもゲーム内のサウンドトラックで聴けるボーカル曲にトキメキました。

私は、波形メモリで奏でられるボーカル曲が好きで、あの独特の籠った音源に「萌え」を感じてしまいます!

http://www.broccoli.co.jp/dejiko/digicomu2/story/index.html

でじこミュニケーション2も価格が高騰しているので、入手が難しい作品となります

 

 

 

上で述べた作品はリメイクではなく、できれば移植やバーチャルコンソールでプレイしたいです!

または、中古価格が落ち着いてくれることを願っています

セントールの悩み 6話 感想

「先祖や歴史のことを遡れるのは、むしろ幸福? それとも不幸?」

「本当に好きなことを仕事にすることは果たして幸せなのかな?」

※ネタバレ注意

 

 

6話では、髪の話や主要人物たちの「家族」にスポットを当て、それぞれの家族にも特徴が出ていることが分かりました。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170814125422j:plain

©2017 村山慶徳間書店・彼方市思想教育委員会

 

身体が大きい姫乃ちゃんですが、精神的に幼い所が可愛らしい

家族とも仲が良く、家族に甘えることも、安心して生活が出来ているからですね

 

姫乃ちゃんが髪を切りたいけれど、お小遣いとは別にお金を貰うことを悪く思うシーンは微笑ましいが、父親のお金使いが少し気になる所

 

f:id:kiitosgirafarig:20170814135952j:plain

姫乃ちゃんの先祖は蛮族に攫われた過去を持ち、助けるために各地を旅した戦闘民族だったらしい… 姫乃ちゃんの髪の色も、その歴史が関係しているそうです

 

f:id:kiitosgirafarig:20170814135901j:plain

中学時代には髪を染めていると教師に注意され、その教師は形態差別として捕まりました。恐ろしい…と感じますが、ブログ主も中学生の頃に同じような体験をしたことがあって、生まれつきの赤毛だったのに「髪染めてるのか?」と注意されたのです。

 

何だか思い出しただけで頭に来ますが、身体的特徴を指摘されても本人はどうしようも出来ないし、正直嫌な気持ちになります。指摘されることで自分の存在が否定されたような気もするのです

 

 

セントールの悩みの世界観は「形態差別」として捉えていますが、人間社会でも同じことが日常茶飯事です。海外では赤毛を劣等遺伝子と見なす地域も存在すると聞いたことがあります

何だか学生の頃の嫌な思い出が蘇って胃が痛くなりましたが・・・

 

f:id:kiitosgirafarig:20170814125347j:plain

前髪ぱっつんストレートの姫乃ちゃんに癒されたので良しとしましょう

正直、ショートの姫乃ちゃんも素晴らしかったですね。従妹の紫乃には不詳のようでしたが。

 

また、天使の輪かと思っていた物体が、本当は髪だったことにも驚きです。

↓頭上にある輪っか

f:id:kiitosgirafarig:20170814142144j:plain

主要人物では委員長が当てはまり、もし間違えて切ってしまっても保証が存在するそうで。形態差別を指摘された場合に「欠損証明書」を提示する必要があるのです。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170814141752j:plain

この仕組みには驚きましたし、輪っかが髪である事実にはもっと驚愕しました。

それじゃあ、もし薄毛の方だったらどうなるのでしょうか。

それとも、輪っかは薄毛の方でも生えてくるような遺伝子が形成されているのか?

または「薄毛により、本人の意思とは関係無く輪毛を消失しました」と欠損証明書を提示しなければならないのか・・・ もの凄く気になります!

 

f:id:kiitosgirafarig:20170814135657j:plain

各形態によって法律や意識が違う世界観では、時として形態差別という共通意識によって平和が保たれているのも事実のようです

 

 

家族の話に戻ると、やはり親の存在が子どもの人格形成にとって重要な要素だと感じました。

f:id:kiitosgirafarig:20170814144250j:plain

姫乃ちゃんの友達で、しっかりしている角人の羌子は、作家である父親の優秀な秘書として仕事を手伝っています。以前は締め切りを守らないなどだらしなかった父親も、優秀な羌子が手伝うようになってから上手く仕事に取組めているようです

此方の家族も仲が良さそうで何よりです

 

一方で委員長の父親はちょっと問題がありそうでした。

5人の子どもを育てることはかなり大変なことだと思います。しかし、画家として生計を立てることが難しく、週に半分だけの契約社員で食いつないでいるようです

その事実から、娘である委員長から厳しい言葉を浴びせられます。好きなことを仕事にする大変さは理解できますが、身体の具合が悪い末の娘の保証金を頼りにしている態度はどうかな・・・

 

「努力が足りない」の一言では済ませられず、中々難しいことではありますが、色々考えさせられる家庭でしたね。委員長の性格も、この家庭環境ならしょうがないのかも。

 

 

家族の在り方もそれぞれで異なり、全ての方がそうではないけれど、家庭環境によって性格が決まることもあるのではと感じた話でした

 

今、欲しい物をパッと10個浮かべて感想を述べるだけ…という

 

パッと浮かんだ物は、

①XBOXone

セガマルチコントローラー

③BDディスク

XBOX360有線コントローラー

SSD

⑥夢見館の物語

カスペルスキー先生

セントールの悩み(原作漫画)

ふらいんぐうぃっち(原作漫画)

塊魂(初代)

 

 

「お金や自由が欲しい!」など、本人の努力次第でどうにでもなることや、自由といった精神的な要素は除外して「物」のみで考えました。

10個書き出してみましたが、正直かなり恥ずかしいですorz

順を追って説明すると、

 

①XBOXone

貴重な国産STGの「ナツキクロニクル」がプレイしたいからです。

 

セガマルチコントローラー

アナログスティックが搭載されたセガサターのコントローラーで、現在息抜きに「ナイツ」をプレイしているのですが、十字キーでの操作に限界を感じたので

 

③BDディスク

大量に録画したアニメや映画がHDDに溜まっているので、記録用ディスクに移したいから

 

XBOX360有線コントローラー

steamでワンダースワンの名作STG「ジャッチメント・シルバーソード」を購入しましたが、キーボード操作に慣れることが出来ず、コントローラーでプレイしたいから

 

SSD

SSDとはパソコンの記録メディアのことで、HDDよりもパソコンの動作が早くなります。現在使用しているパソコンは5年以上前のモデルなので、起動をはじめ動作が遅く、ストレスが溜まるのを防ぎたい

 

⑥夢見館の物語

まずメガCDというゲーム機を購入する必要がありますが、あの独特で優しい世界観を実際にプレイして感じたいのです。数ある欲しいゲームソフトの中で、何故か最初に浮かんだ作品

 

カスペルスキー先生

皆さんはパソコンのウイルス対策ソフトは何を使用していますか?

私は評判が良かったので、数年前からカスペルスキーを利用しています。あと数日で期限が終了するために、パッと浮かんだのでしょうか

 

セントールの悩み(原作漫画)

2017年夏アニメで最も楽しみにしている作品で、原作漫画のことが気になります

現在までに15巻ほど発売されているので、是非読んでみたいですね

 

ふらいんぐうぃっち(原作漫画)

このブログを書いている時期がお盆ということもあり、ニコニコ動画で本編1話がなぜかランキングに入っていたため

今後も長期休暇の時期にはランキングに入る流れになるでしょう

もちろん2期を希望しますが、原作のストックが足りないので、著者の方には頑張ってほしいです

 

塊魂(初代)

最後に浮かんだのが塊魂でした。これには私も予想外で驚いています。

恐らく意識の深い所で、様々な物を巻き込んで転がしながらストレスを発散させたいと思っているのでしょうか

 

 

思い付きで書きましたが、本人の深層心理が垣間見れているような…

心理テストではありませんが、自分でも気づかなかった欲しい物から、現在の気持ちを少しだけ理解できた気がします