キリンリキのしっぽのアレが考える

キリンリキのしっぽのアレが考える

ようこそ! キリンリキのしっぽには小さな脳がありますが、そんな不思議なしっぽが一生懸命に何かを考えている…そのような眼差しで見て頂ければ幸いです

爆発音の謎が解けた meet-me

f:id:kiitosgirafarig:20170920082523j:plain

オンラインゲーム「meet-me」が日課となっているブログ主

 

meet-meに毎日ログインしている中で、ずっと疑問に思っていたことがあります。

それは「バァン、バァン」と遠くの方でたまに聞こえてる爆発音のような音。

特に外で聞こえることが多くて「誰か花火でもしているのかな?」と考えていました。

meet-meは基本的に何でも出来るオンラインゲームなので、花火の一つぐらい誰かが打ち上げていても不思議じゃない。物騒だけどねw

 

f:id:kiitosgirafarig:20170920083107j:plain

※爆発音を良く聞くマンション前

meet-meにログインすると、自分の住むマンションの玄関に飛ばされます。この状態で謎の爆発音をよく聞くのです。

 

 疑問に感じてからひと月が経過しましたが、最近になってやっと謎の爆発音の正体が分かりました。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170920084158j:plainf:id:kiitosgirafarig:20170920084218j:plain

爆発音の犯人は「ローラースケート」でした

「ローラースケートから爆発音なんてするの?」という方が多いと思いますが、ローラースケートで走る音が「バァン!バァン!」なんですorz

 

f:id:kiitosgirafarig:20170920084418j:plain

面白そうだなという理由により、トレードボックスで入手した「ローラースケート」

意気揚々と装備して走りましたが、地面を走る音が騒音なんですねw

しかも、コンクリートの地面だけなら良いのですが、土の地面でも「バァン!バァン!」と音がなってしまう。f:id:kiitosgirafarig:20170920084801j:plain

※画像のように地面がコンクリートでなくても騒音がする

ログイン時のマンション前でよく爆発音を聞くのも、ローラースケートを装備したユーザー様がいたからなんですね。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170920085301j:plain

謎が解けてスッキリしました。

でもね…、騒音に感じるので装備は控えようと思ってしまう。ゲームですが、他プレイヤーの皆さんが集中して何かに取組んでいる時に「バァン!バァン!」と音を立てると迷惑になってしまう気がする。もちろん、ローラースケートのアイテムを否定していないし、他ユーザー様がローラースケートを装備していても迷惑と感じたことはありません。

 

夜間にローラースケートで走ると近所迷惑な気もするし…。ゲームにも不文律のような事柄はあると思うし。各ユーザーがこの音をどう感じているか私、気になります。

まぁ…、ローラースケートは通常の走るスピードとそんなに変わらないらしく、装備しなくても良いかな~と思ってます。

 

 

トレードボックス meet-me

f:id:kiitosgirafarig:20170919111140j:plain

※各地に設備されたトレードハウス 画像は原宿

 

meet-meをご存じで無い方へ↓

 

オンラインゲーム「meet-me」の魅力とは何かと考えたときに、多種多彩なアイテムの存在が挙げられます。

約10年近く続いているオンラインゲームなので、すべてのアイテムを把握している方が少ないのでは?と感じるほどアイテムの数は膨大です。

 

meet-me内の通貨(ココア)を貯めても、欲しいアイテムが必ず入手できるとは限りません。季節限定や課金アイテム、イベント上位入賞景品など、ゲーム内でなかなか出回らない・入手機会が少ない物は大変貴重なので手放さない方も多い。

 

しかし多少の運も絡みますが、それらのアイテムや自分が気に入ったアイテムを入手できる方法があるのです。それは各地に設置されたトレードハウスやトレードボックスを巡ることです。

f:id:kiitosgirafarig:20170919113015j:plain

※トレードハウス

 

f:id:kiitosgirafarig:20170919113232j:plain

※自販機のような機械がトレードボックス。トレードボックスの所有者であるユーザーが自由にアイテムを販売することができます。

 

「トレード」と名付けられていますがmeet-meの場合、出品ユーザーが提示したココアをその場で支払えば取引成立です。各アイテムの相場はだいたい定まっているようですが、各ユーザーで自由に出品価格を決められるので、極まれにレアアイテムを安価で購入できる時がある。またその逆も然り。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170919113851j:plain

 

購入するユーザーの知識にもよりますが、私のように始めたばかりのユーザーにとって、回収価格よりも何十倍も高いアイテムは購入に躊躇してしまいます。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170919114115j:plain

気になるアバターは試着も可能。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170919114302j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170919114538j:plain

アバター以外にも部屋に設置するオブジェクトや釣った魚などを投入することができる。魚・虫・植物といった図鑑集めをしたい方もトレードハウス・ボックスを利用すれば早く埋まるかも

 

f:id:kiitosgirafarig:20170919114744j:plain

※画像は「葉っぱの雨傘」 かわいい

トレードボックス巡りをしていると、センスが良くて奇抜なアイテムとの出会いもある

 

f:id:kiitosgirafarig:20170919114945j:plain

画像の場所は「北千住」

ここはmeet-meで最も人気と言われるアトラクションRPG「冒険者の砦」そばの区域

狭い通路にトレボやユーザーが建てたユニークな家が並んでいて歩くだけでワクワクします。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170919115412j:plain

浅草にもトレードボックスが密集する場所があります。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170919115518j:plainf:id:kiitosgirafarig:20170919115610j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170919115649j:plain

これぜ~んぶトレードボックスですw すごく多い

ちゃんと一つひとつにユーザーがアイテムを出店しているので、全部見て回るのにかなり時間が掛りましたw

 

f:id:kiitosgirafarig:20170919115940j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170919115955j:plain

スクーターや自転車も出品されていました。スクーターは非売品だった模様。

徘徊するのは大変ですが、入手方法が限られるアイテムをゲットできるチャンスもゼロではない。だから時間を掛ける価値はあるかと。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170919120258j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170919120517j:plain

「花柄の袴」はブログ主が最も欲しいアバターです。数年前にガチャガチャの景品だったようですが、回収価格2800ココアに対して出品価格が200万ココア…。手が出ないですねorz

 

f:id:kiitosgirafarig:20170919121000j:plain

※浅草のユーザー様私有地にて。巨大雪だるまが2体も! 記念にスクショを勝手に撮らせて頂きました。ごめんなさい

 

トレードボックス巡りは貴重なアイテムを入手できる機会が生まれること

キープしようと決めた翌日には売り切れていることもあって、まさに一期一会の出会いなんですね

色々なアイテムを見たり試着も楽しい!

ただ…、欲しいアバターは高額なので「もっと資金があれば…」と悔やむことが多い現状。

セントールの悩み 11話 感想

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918035432j:plain

©2017 村山慶徳間書店・彼方市思想教育委員会

※ネタバレあり

 

花の名前は……は人の数だけあるんだよ、ってきっと嘘!

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918035600j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170918040058j:plain

御魂家の末ちゃんは非常に可愛らしく、犬にお持ち帰りされたり「絶対に妹にする!」と他人の子どもに言われたりと大変ですw

あと、やんちゃな三つ子の世話が大変そうな委員長ですが、一度も叩いたりせずに母親代わりをしているらしく偉いと思いした。

冒頭の回想シーンで登場した犬ですが手足が6本確認できます。動物たちにも様々な種類がいるのでしょうか

f:id:kiitosgirafarig:20170918040233j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170918040123j:plain

姫乃ちゃんと紫乃が散歩するシーンは、非常に微笑ましくて癒されましたね。

この散歩のシーンでは、植物を通じてセントールの世界観を表現しているのではと感じました。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918040446j:plain

植物にもそれぞれに名前があって、特性や見た目は違えどみんな綺麗に咲いています。

一括りの種類で統一するためか、植物の一つひとつに名前を付けることはしませんし、姫乃ちゃんたちから見ればどれも同じように見えるはず。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918041042j:plain

※植物に詳しい姫乃ちゃんが素敵

 

ただし植物にだって競争はあるはずで、種族を残すために生き残ったものが綺麗に咲いている花たちではないでしょうか。

と…、セントールの世界で感じる闇の部分を見ていると、そんな残酷なことを思ってしまう。

しかし、「〇〇は人の数だけあるんだよ、ってきっと嘘!」というAパートのタイトルを考えると、植物を通してこの世界に生きる種族たちの自分勝手さも感じました

 

植物の名前だって植物自身が決めたわけではなく勝手に名付けられたし、違いがあるから戦争や差別が起きる…、実際に9話で描かれたような歴史もあったわけで…。

でもね、植物を見て誰もが「綺麗」と同じように感じることができるし、綺麗ごとに感じてしまう「種族間の形態意識」も非常に難しい問題ですが、解決に向けて活動するルソー氏のような存在もいます

問題はたくさんあるけれど、きっと限りなく平等に近い形態間の均衡はあるのではないでしょうか。

綺麗に咲く植物を楽しそうに鑑賞する姫乃ちゃんと紫乃ちゃん。

2人の眼差しからそんなことを考えてしまいました

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918044517j:plain

姫乃ちゃんに教えてもらった知識を友達に教えてあげる紫乃。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918044636j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170918044918j:plain

花には様々な形がありますが、見方によって積み木のように多目的に映る時がある。

紫乃の友達は三角の中にも四角があって…と大人でも返答に困ってしまう疑問を紫乃に投げかけますが、一生懸命に答えようとする紫乃が可愛らしかったし、何かを学ぼうとする姿勢は素晴らしいと思う。

この図形の話もセントールの世界について述べているように見えて仕方がありませんでした。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918045147j:plain

子どもは残酷だ!とか、子どもは平和の象徴という方もいますよね。

昨日まで咲いていた花が撤去されてしまい泣いてしまうマキちゃん。

そんな純粋さからくる発想が、天才と呼ばれる大人たちでさえ返答に困る質問をする時がある。それは、誰もが目を背けたいと思う物事の本質を子どもたちが分かっているからではないでしょうか。

f:id:kiitosgirafarig:20170918050212j:plain

紫乃は達観したように「早く大人になりたい」と言いいましたが、もっと物事を学んでいきたい姿勢の表れだと感じます。

平和のためには形態差別による矯正も大切ですが、9話の会長も言っていたように「もっと学ばなければならない」という姿勢が大切なのかなと思いました。

 

 

 

美しさは人の数だけあるんだよ、広義で言えばきっと本当?

f:id:kiitosgirafarig:20170918050347j:plain

御魂家の末っ子である末摘は、着替え時にしっぽの収納が上手く行きません。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918050625j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170918050800j:plain

三つ子たちは変幻自在にしっぽを操れるようですね。

セントールの悩みで疑問だった「服にしっぽをどうやって収納するのか」

やはり種族関係なくしっぽの収納は改題となっている模様。

しっぽがズレれば下着が見えてしまう問題に「隠し布」を使用するようですね!

f:id:kiitosgirafarig:20170918050900j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170918051024j:plain

※このようにズレても隠し布で見えません。

なるほど!このような仕組みがあったとは驚きです。

 

 

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918051438j:plain

またBパートでは委員長が家族が認めるほどの美女であること、御魂家の大黒柱である父親の地位が低いことが分かりましたw まぁ今の父親の状況じゃ無理ないか

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918051653j:plain

三つ子たちはいつも委員長にお小言を言われているので、内心では一番美人であることを認めたくないようです。

「上には上がいるよ~」と言いますが、考えるほど委員長より美女がいない模様

保育園の先生が委員長と比較されますが「ママ代わりの美女JKには勝てない」という表現が面白いw

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918052119j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170918052244j:plain

もうすっかり仲良しになった三つ子たちと紫乃

姫乃ちゃんは委員長と違って可愛い系の美人だそうで。

また南極人であるサスサススールは蛇の中で美人だと、三つ子が評論家のように分析していく様子がかわいい(#^^#)

私もサスサススールはかなりの美女だと思う。

f:id:kiitosgirafarig:20170918052511j:plain

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918052755j:plain

一方でボーイッシュな希ちゃんに対しては「男かと思ってた」と散々な言いよう。

このあいだ一緒にプールに行ったのにw

 

f:id:kiitosgirafarig:20170918053015j:plain

家族間で容姿を褒めることは珍しいのではないでしょうか。それほど委員長が美人だということですね。

 

11話では年少キャラクター中心の話でしたね。個人的には三つ子たちと姫乃ちゃんグループの絡みが大好きなので大満足でした

 

次回で恐らく最終回なのが本当に悲しいです。

セントール難民になりそうで恐ろしい

まちなかゴルフ12番ホール meet-me

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917123353j:plain

※都心のど真ん中でゴルフボールが飛び交う 

うーん!いい青空…。絶好のゴルフ日和ですな

 

meet-meで開催されたイベント「まちなかゴルフ12番ホール」に参加しました。

そもそもmeet-meは楽しい・楽しくないは別として、基本的に何でもできます。だから都心のど真ん中でゴルフも可能なんです

 

まぁゴルフといっても、本格的にクラブを使用して打つのではなくて、手でボールをはじきながらカップインを目指すゲームなのです。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917124114j:plain

※こんな風に手を使用します。ゴルフ?

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917124224j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170917124251j:plain

イベントらしく成績によって賞金も出ます!

【トップ3賞】 

1~3位の方が対象 トロフィー (1位:金、2位:銀、3位:銅)

【マスター賞】 

15打以内にボールをカップに入れることができた方が対象
アニメーションチップ0183 【NEW】

【シークレットブービー賞】

下から●位の方が対象 ゴルフグリーンの携帯レジャーシート 

【カップイン賞】

ボールをカップに50打ち以内で入れることができたら ゴルフティーのイス(屋内用)

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917124951j:plain

想像してたゴルフと違うw

ボールの大きさに笑ってしまうブログ主。でも何だか楽しそう♪

しかし、これが予想以上に難しい。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917125252j:plain

まず都心部だけあってビルが障害物となって容赦なくプレイヤーを邪魔してくる

そもそもゴルフコースとして何も整備されていない。

ゴールまでのルートが分かりづらくて迷子になる。

他のプレイヤーとボールの色が同じなので、自分の打ったボールと見分けがつかない。

ボールが駅のホームに入ってしまえばリタイアするしかないorz

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917125906j:plain

※このように、ビル・駅を飛び越えなくてはクリアが難しい。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917125712j:plain

※そしてボールを見失うブログ主

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917130035j:plain

建物の上にボールが行ってしまったので取りに行くことに…。通路はここかな?

 

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917130209j:plain

残念!通路など存在しないのだよ ふざけるなw

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917130501j:plain

こうなったらリタイアするしかないですorz

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917130902j:plain

気を取り直して再スタート!

画像に映る飛行船は「meet-meスカイクルーズ」と言って、実際に搭乗することが可能です。一度だけ利用しましたが、meet-meの広大な土地を見渡せました。写真を撮るには絶好の場所

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917131309j:plain

そうこうしている内に、コース内に立地するユーザー様の家にボールが…

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917131442j:plain

ちょこっとお邪魔して…

f:id:kiitosgirafarig:20170917131424j:plain

ふ~…なんとかリカバリーすることができました!

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917131558j:plain

お! 広い土地に出ましたね。森林の存在が不穏ですがゴールも近いのかな(^^)

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917131715j:plain

ぬぉ~ やっとカップが見えました(´;ω;`)

ボールが何度も木に跳ね返った結果、13打も使ってしまった…。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917131927j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170917131952j:plain

頼む!入ってくれ~!

 

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917132022j:plain

やった!!(;´▽`A

何とか目標の50打以内でクリアできました!これでゴルフティーのイス(屋内用)をゲット!

 

f:id:kiitosgirafarig:20170917132417j:plain

池にボールが入水してしまい絶望するブログ主

 

【感想】

いやー、非常に難易度が高いイベントでした。これを15打以内でクリアできる方は尊敬に値する。偉業だと思うので表彰されるべき(それほど難しかったです)

 次回の13番ホールの開催にも参加したいですが、もうビルが多い都心部での開催は勘弁して頂きたいです(^▽^;)

 

6の付く日はカギの日♪ meet-me

オンラインゲーム「meet-me」では毎月6の付く日は「ロックの日

アバターやアイテムが入った宝箱を開ける「宝箱のカギ」の配布日であり、「不思議の館」で木箱3回、銀・金箱1回を月に一度開けることができる

f:id:kiitosgirafarig:20170916054638j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170916055408j:plain

※不思議な館 館内はこんな感じ

 

f:id:kiitosgirafarig:20170916054706j:plain

※6の付く日に簡単なクイズに正解すればカギが貰えます。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170916054804j:plain

宝箱を開けるカギにも種類があって、画像のように大きなカギは大きな宝箱を開ける際に必要。また銀行で通常のカギ10本と交換してくれます。

宝箱は広大なフィールドに散らばっていて、徘徊しない限り見つけることは難しい。

とにかく宝箱からは様々なアイテムを入手できるので、毎月一度入場できる「不思議な館」のウッドの部屋(木箱3回)とメタルの部屋(銀か金箱1回)は貴重なのです!

 

f:id:kiitosgirafarig:20170916055448j:plain

ボーイッシュなお姉さんが目印。いやー緊張する(・_・;)

まずはレアリティの低い木箱が置かれたウッドの部屋へ。ウッドの部屋では3回木箱を開けられます

 

f:id:kiitosgirafarig:20170916055621j:plain

※御覧の通り、大量の宝箱が…

もうこうなったら、直感に頼って開けるしかない… これだ!

 

 

1箱目(木箱)

f:id:kiitosgirafarig:20170916055831j:plain

お! 「食卓の食パン」が当たりましたw

これは部屋飾るためのアイテムですね。たしかトースターで焼くことができると聞いたことがあります。トースターの入手方法が分からないですが、いつかは入手してトーストにしたいw

 

 

 

2箱目(木箱)

f:id:kiitosgirafarig:20170916060219j:plain

二箱目はピンクのデスクセットでした!とっても可愛らしいですね

しかも椅子に座れる!meet-meはアイテムの出来が素晴らしく、自分の部屋を着飾ることができる。要らないアイテムでも売買が可能ですから、資産は多いほうが良いのです。

 

 

 

3箱目

f:id:kiitosgirafarig:20170916061409j:plain

え!? 平たい柱が当たりましたw

工夫して設置すれば面白いことが出来そう…。こんなアイテムもあるんですねw 面白いです

 

 

 

4箱目(金箱) メタルの部屋

f:id:kiitosgirafarig:20170916061624j:plain

月に一度しか入れないメタルの部屋では「アフロの髪型」が当たりました。メンズ専用の髪型なので売買用にしたいと思いますw

meet-meの髪型についてですが、宝箱限定の髪型・ヘアーカラーがあって、トレードボックスでも高値で取引されています。

私が着けている一つ結びの髪型(緑)もトレードボックスから入手しました。髪の色を変えることも簡単ではないのです。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170916062156j:plain

入手したアイテムを部屋に設置してみました。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170916062507j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170916062311j:plain

いまいち「平たい柱」の用途が思い付きませんが、フェイクの壁として使えるのかな…

ただ、面白いアイテムであることは間違いありませんね。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170916062528j:plain

欲しかったアイテムとは違いましたが、予想外のアイテムが入手できるのも宝箱の魅力ですね。来月が待ち遠しいな~

 

好きなことでも苦手な人もいる

【オススメ作品を質問されると、あたふたしてしまう】

好きなアニメや漫画・映画が皆さんにもあって、人にオススメ作品を聞かれることもあると思うのです。

 

私はそのように「オススメの作品は何ですか?」と人に質問されることが大の苦手。苦手というよりも、質問に上手く答えられるか分からず怖いのです。

 

「好きな作品を答えるだけなのに怖いの?」と疑問に感じる方が多いと思いますが、人によって好きなジャンルが違うように、自分の作品をオススメした所でハマってくれるとは限らない。オススメした作品を購入した方が「こんなツマラナイ作品を勧めるなんて…」と感じてしまうこともあるでしょう。

だから返答する時は「○○がオススメですけれど、○○の要素があるので苦手な方もいるかもです」と付け足して保険を掛けてしまう。

 

質問者と付き合いが長ければ趣味趣向も理解して「あの作品がオススメだよ!」と胸を張って言えるのですが、初対面の方や社交辞令を目的とした会話で「オススメは何ですか?」や「好きな作品は?」と聞かれると血の気が引いてしまう…。

 

何も考えずに堂々とオススメ作品を言えば良いのですが、答える作品によってその後の雰囲気が左右されると思うと落ち着きません。

 

また、同じ趣味を持つ方に質問されても「下手な返答はできない」や、質問者と私とで情報戦・知識の有無の探り合いのようなものが始まってしまう気がします。

答える作品によって「この人はにわかw」「ここまでの知識か…」と思われる・思ってしまうことがあって、何だかイヤになってしまった。私自身も知らない知識がたくさんあって間違えてしまうことも多い。間違いを指摘してくだされば良いのですが、心の中で思うだけなので恐ろしいのです。

作品を愛する方は「にわか」や「無知」と言われる・思われることを最も嫌がると思うし、長く続いている作品ではそれが顕著に出るので、段々と作品自体から離れるキッカケにもなりかねません。

 

 「あの作品を知らないなんて…人生損してるよ」という言葉は嘘ばかりで、作品の良さがどうしても理解できない・苦手な方だってたくさんいますし、たいして損はしません。そんな言葉を使うほうが、その作品に対して失礼だと私は思う。

 

 

 

meet-meで感じる居心地の良さとは】

何だか最近はそんな小難しいことばかり考えてしまって、好きになる作品にも変化が出始めているのです。

作品の面白さはもちろんですが、居心地の良さも重要になってきています。

 

ブログ主がオンラインゲームのmeet-meにハマった理由も、上で述べたような居心地の良さが大きいと思うのです。

f:id:kiitosgirafarig:20170915120325j:plain

ダイオウホウズキイカが釣れて喜ぶブログ主

 

meet-meは10年近く運営されているオンラインゲームで、まだ始めてひと月ちょいのユーザーではあるけれど、運営やユーザー間でギスギスしている場面を見たことがないんですね。

各ユーザーが大らか(悟っている?)で親切なイメージがあって、運営の不手際に抗議しつつも「まぁ…そんな時もあるか」と、直ぐに各自のライフスタイルに戻っていく

 

meet-me全体が「ユーザーによって好みは違うから、苦手な人に対して強制はしないよ」という雰囲気があって、非常に稀有なオンラインゲームではないでしょうか。

もちろん、まだ体験していないアトラクションやイベントはありますし、基本はソロプレイなので大袈裟な物言いかもしれませんが…。

 

そのように苦手な方に対して、やらないという選択肢が存在することが素晴らしく、歴史が長いコンテンツ特有の情報の探り合いも感じない。

 

まぁ、「なんでそこは手抜きで、どうでも良いところは拘るのかw」と日々感じているので、meet-meをオススメオンラインゲームとして紹介するには勇気が要りますがね。

 

ユーザーの評価を見ても「あの作品を知らないなんて…人生損してるよ」よりかは「あの作品をプレイしてるの…人生損するよ」と言われてしまうくらいなのでw

だが、そんなダメなところも好きになってきた自分がいて驚いています。

 

エクソシスト(1973)※ディレクターズカット版

f:id:kiitosgirafarig:20170914112628j:plain

©2000 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND WILLIAM PETER BLATTY.

【公開日】1973年 ※2000年にディレクターズカット版が公開

【監督】ウィリアム・フリードキン

【原作】ウィリアム・ピーター・ブラッディ

【関連キーワード】

悪魔祓い 信仰 気品 ホラー リアリティ 本質 正義と悪

 

エクソシストにはバージョンが2種類あって、1973年に制作されたオリジナル版と2000年に公開されたディレクターズカット版が存在します。結末の魅せ方や日本語吹き替えの声優にも違いがあり、今回は2000年に公開されたディレクターズカット版の感想を述べたいと思います。

 

 

※ネタバレありです。

 

エクソシストが公開されたのは1973年ですが、恐らく一度は名前を聞いたことがある映画ではないでしょうか

世間でエクソシストといえば、少女が階段をあり得ない姿勢で降りてくるシーンやオカルト映画として怖い…。その位のイメージだと思うのです。

 

しかしよく注意して視聴すると、エクソシストが持つテーマとして純粋な少女リーガンに何故悪魔が取り憑いたのか。何故カラス神父が信仰を失くしてしまったのかなど、ホラーと呼ばれる映画作品の中でも、私たちが生きる世界にも共通するような問題がリアルに映し出されているのです。

f:id:kiitosgirafarig:20170914114614j:plain

幸せそうに暮らす少女リーガン。だが、リーガンの母親は父親と上手く行っておらず別居中。ある日リーガンは電話で父親と口論する母親を目撃します。彼女は表には出しませんが、心の奥底で孤独や母親に対する不信感を感じているのです。

f:id:kiitosgirafarig:20170914114744j:plain

 

一方で、後にリーガンの悪魔祓いをすることになるカラス神父。教会の神父でありながら、神父たちの悩みを聞くカウンセラーとしても教会で働いています。

彼の母親は身体が弱く、カラスは母親に施設の入所を勧めますが断られます。

f:id:kiitosgirafarig:20170914115157j:plain

※強面ですが、ブログ主が最も好きなキャラクターです。

f:id:kiitosgirafarig:20170914115341j:plain

カラス神父は神に祈っても世の中から貧困や犯罪が無くならないこと、母親との関係性からも絶望を感じて生活しています。

だから次第に神父として生活することに疑問を感じて、信仰を失くしてしまうのです。

私を含めた日本人には「信仰」と言ってもイメージできませんよね。ですけれど、今まで絶対だと信じてきたことが、ある日突然信じられなくなったら…、そう考えるとカラス神父が感じている信仰を失う恐怖が理解できると思うのです。

f:id:kiitosgirafarig:20170914115808j:plain

ついに母親の病状は悪化。普通の病院ではなく精神施設に入れられてしまいます。設備の良い施設に入れるお金も無いし、カラスの兄は「そんな金どこにある!」の一言にも絶望するカラス。そして母親は帰らぬ人になってしまう

f:id:kiitosgirafarig:20170914120118j:plain

カラスは母親を亡くしたのは自分のせいだと後悔します。同じ神父の友人であるダイアー神父に何とか励まされますが、彼の精神状態はボロボロです。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170914120910j:plain

※脳を調べるために検査を受けるリーガン 苦しい表情が痛々しい

 

リーガンにも変化が出始めます。彼女らしくなく汚い言葉を平気で吐いたり、ベットが勝手に揺れる現象が頻繁に起きるようになる

リーガンの変調に対して母親は医療による解決策を模索します。しかしどんな検査をしても異常が見つからず、ついには薬物の疑いを掛けられてしまうのです。

 

脳を検査するために何度も血を抜かれるリーガンの姿。その痛々しい様子をただ見ていることしかできない母親の心情や、カラス神父のように大切な人の死に目に会えない苦しみ、後悔してもしきれない様子を思えば思うほど恐ろしいです。

ホラー映画として、この映画における恐怖の対象はリーガンに取り憑いた悪魔ですが、悪魔よりも恐ろしいと感じることが現実社会には存在すること。悪魔があざ笑いながら映しだしていることに気づいた時、視聴者である私も絶望を感じてしまった。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170914121918j:plain

リーガンの様態は酷くなるばかり。さらには母親と親交があった映画監督も窓から突き落として殺してしまいます。

f:id:kiitosgirafarig:20170914123754j:plain

※リーガンの身体に「Help me」の文字が…

 

医者たちも匙を投げますが、最後の手段として悪魔祓いを勧められるのです。悪魔祓いについて言及されるのは劇中の中盤。それまでは現代医療・催眠治療・カウンセリングを実施しますが打つ手がなく、悪魔祓いも一種の洗脳による治療として医者たちは捉えているようです。

エクソシストでは最初から悪魔祓いを行うのではなく、最後の手段として・または懐疑的な治療法として悪魔祓いが表現されていました。そのような描写は非常にリアルで、一筋縄では行かない悪魔の邪悪さが際立つのです

 

f:id:kiitosgirafarig:20170914125132j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170914123907j:plain

※リーガンの母親は解決策を模索できず、カラスに最後の希望を託す

 

以前リーガンの母親は、カラスが他の神父の相談に乗っている姿や言葉に興味を持っていました。リーガンの悪魔祓いをカラスに頼みますが、カラスも悪魔祓いには懐疑的です。

しかし、リーガンの悲惨な姿、リーガンが知るはずがない死んだ母親のことを言及したことから、カラス神父は悪魔祓いを行う決意をするのです。

 

悪魔祓いをするにあたって、経験に優れるメリン神父もリーガンの悪魔祓いに参加することになります。

エクソシストの冒頭はイラクの発掘現場から始まりますが、メリン神父は古生物学者とカトリック神学者でもあり、幾度となく悪魔祓いを経験してきたのです。イラクではリーガンに取り憑いた悪魔「パズズ」の石像と対峙しており、これから始まる悪魔との闘いを暗示しているシーンとも取れます。

メリン神父は身体の状態が悪く、ニトログリセリンという薬を常備しているほどですが、悪魔に対する正義のようでカッコいい。

f:id:kiitosgirafarig:20170914130338j:plain

※悪魔がいる部屋を見つめるメリン神父 非常に美しいシーンですね

 

f:id:kiitosgirafarig:20170914130529j:plain

一軒家の一つの部屋、武器は聖書や聖水、言葉とは思えないほど、悪魔祓いのシーンでは緊迫感が凄まじい。吐く息も白く、凍えそうになるほど緊張が伝わってきます。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170914131009j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170914132351j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170914132410j:plain

※悪魔パズズ

 

悪魔はカラス神父を言葉によって攻撃する

「母親が死んだのはお前のせいだ!」のように最もキツイ言葉をカラスに投げかけてくるのです。

メリン神父は決して悪魔の言葉を聞いてはならないと助言しますが、悪魔はその人間が最も嫌がることを理解しているからたちが悪い。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170914131526j:plain

長期化する悪魔祓い。

カラス神父はずっと疑問に思っていたことをメリンに質問します。

「なぜ純粋な少女に悪魔が取り憑いたのか」

メリン神父は「私たちを絶望させるためです」と答えるのです。この一言でエクソシストが描き出す本質のようなものが分かった気がします。

 

劇中でリーガンが苦しむ姿を見てどうにもできずに苦しむ母親。純粋な少女が苦しむ姿に視聴者である私も絶望を感じていた…。すべて悪魔の狙い通りなわけです。

f:id:kiitosgirafarig:20170914132138j:plain

精神的にも追い込まれているカラスを残し、メリン神父がリーガンの部屋に向かいます。彼も薬を飲みながら悪魔祓いを続けている

 

f:id:kiitosgirafarig:20170914132524j:plain

残ったカラスはリーガンの母親の「娘は死ぬの…?」という言葉によって悪魔と対峙する決意を取り戻す。

そしてカラス神父がエクソシストにおいて上に向かって歩く描写が多いように、リーガンの部屋に向かって階段を上がっていく

f:id:kiitosgirafarig:20170914132904j:plain

部屋に辿りつくとメリン神父は息を引き取っていた。その光景を笑いながら見つめる悪魔。

ついにカラスの怒りが頂点に達し、リーガンの首を絞めて「私の中に入れ!」と叫ぶ。

f:id:kiitosgirafarig:20170914133148j:plain

エクソシストは悪魔と正義どちらが勝利したのかが議論されますが、私はカラス神父が勝利したと思います。悪魔がカラスの中に入りますが、すぐさま元の人格に戻って窓から飛び降りるのです。

自分の命と引き換えにしてまでリーガンを救いたかった・母親に対する懺悔のようにも映る自己犠牲は、邪悪な存在である悪魔でも勝てない信念や強い気持ち・救いがあることを示していると感じます

 

後にダイアー神父に手を握られながらカラスは息を引き取りますが、最後の最後でダイアー神父の手を握り返す姿からも、カラス神父の魂が救われたと思いたいです。

 

f:id:kiitosgirafarig:20170914134407j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170914134431j:plain

救われたリーガンは悪魔祓いの記憶がありませんが、ダイアー神父のを見て何かを思い出したかのような表情をするシーンが感動しますね。彼女の潜在意識にメリンとカラス神父が生きていて、忘れることはないでしょう。

 

ディレクターズカット版では映画監督の転落事故を追っていたキンダーマン警部とダイアー神父のやり取りが描かれてるのですが、一見必要ないシーンのように見えるようで重要なシーンだと思うのです。

キンダーマンとカラスがした全く同じやり取りをダイアー神父とすることで、カラス神父の魂を一生のものにすると監督自身が解説した通り、何だか希望がある終わり方という点も、ディレクターズカット版が好きな理由ですね。

f:id:kiitosgirafarig:20170914135058j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170914135118j:plain

f:id:kiitosgirafarig:20170914135237j:plain

エクソシスト3では、この2人が主要人物として登場します。

 

エクソシストはホラーの枠を超える名作です。

オカルト映画だから見ない方もたくさんいますが、かなり深いテーマ性を持つ作品で、観る人によって結末の受け取り方が違う作品でもあります。

ディレクターズカット版は評価が低いですが、救いや希望が垣間見れるシーンに感動しますし、吹き替えもディレクターズカット版の方が好みですね

 

全体的に気品を感じる映像で、ドキュメンタリー風の構成も現実に起きていると錯覚するほどリアルだと私は感じました。

観る度に新たな発見がある映画として、何回も視聴するほど好きな作品です。